ビジネスに役立つ哲学

2021.04.01

お金を稼ぐということは

ビジネスに役立つ哲学3:何のために稼ぐのか

「お金を稼ぐということ」について、フランスの3人の哲学者の「考え方」を紹介しよう。もし、彼らが「お金を稼ぐということ」に迷い、悩んでいる、現代に生きる私たちにメッセージを送るとしたら、きっとこんな言葉をかけてくれるはずだ。

※「ビジネスに役立つ哲学」の連載では、作家でありモラリストでもある大竹稽氏が、フランスの哲学者になりきって、現代の迷い、悩めるワーカーにメッセージを送ります。

「なぜ人はお金を稼ぐのか? 」と問われれば、多くの人は「生きていくためにお金が必要だから」と答えるだろう。そして多くの人は、そのお金を稼ぐために仕事をしている。お金と仕事には切っても切れない関係があるが、お金と仕事のどちらを重視するかで「お金を稼ぐということ」に対する考え方は違ってくる。




寓話『アリとキリギリス(原題:セミとアリ)』のアリのようにお金を稼ぐだけの人生になってはいけません


3_phi_001_03.png生きていくためにはお金が必要です。お金を稼ぐには仕事をしなければなりません。だから生きていくために仕事をする。でも、そのような仕事の仕方、どうですか? 楽しいですか?

あなたの顔の皺は、微笑みによるものですか? それとも苦痛によるものですか? そもそもわたしは、生きていくためにお金が必要だとは思っていません。

あなたは『アリとキリギリス』という寓話を一度は読んだことがあるでしょう。あの寓話、原題は『セミとアリ』なんです。わたしがイソップ寓話から抜粋して、フランス流に『アリとキリギリス』としてつくりなおし、世界に広まるきっかけをつくったからです。

イソップ寓話の中で『セミとアリ』はそれほど有名ではありませんでした。それを、わたしの『寓話集』では、第一巻の第一話という一番目立つところにもってきたのです。その理由をもって、「お金のために仕事をしなければならないのか? 」への答えとしましょう。

イソップ寓話の『セミとアリ』では、「怠け者には生きている資格などない」「怠けていたら仕事も食べ物もなくなってしまいますよ」という教訓を伝えようとしていました。だから、イソップ寓話では、蓄えのために働くアリが主役になり、怠け者のセミの出番は、食べ物の無心と「怠けていたのではないのです」と弁明をするところのみでした。

わたしはそれを逆転させました。「セミは夏の間、ずっと歌っていた」と、セミが生きることを楽しんでいる様子から物語を始めたのです。なぜなら、わたし自身にセミのような心があるからなんです。わたしは働き者のアリよりも、ずっと歌っていたセミのほうに共感してしまうんです。

アリに象徴される働き者の人たちのように、お金を稼ぐことばかりに執心していると、顔から笑顔がなくなってしまいますよね。わたしには、お金を稼ぐというプレッシャーがしのび難いのです。

もちろん怠けてはいけません。だから日々、仕事にも励みます。でもお金を稼ぐだけの人生になってはいけません。わたしたちにはアートが必要なんです。

アートとは遊びです。遊びというと価値がないと一蹴されそうですが、アートには理屈を超えた価値があるんです。そして誰もがアートを愛でる心をもっているのです。このアートが消滅した世界......、そんな世界はとても恐ろしいでしょう。それは人間的な世界と言えるのでしょうか?

どんな仕事にもアートの側面があるはずです。そしてアートとは、あなたの遊び心を律動させるものなのです。あなたの仕事にアートはありますか?(ラ・フォンテーヌ)





仕事はお金のためにあるのではありません。仕事をした結果、お金がもらえるのです


3_phi_001_04.png 生きていくためにお金は必要でしょう。お金はしかるべくあるものですから。しかし、「お金を稼ぐために仕事をする」という考え方は解せません。「お金を稼ぐために仕事をする」のではなく、「仕事をするからお金がもらえる」のです。

わたしは『パンセ (※1) 』にこのような文章を残しました。
「言葉の配列を変えると意味が変わる。意味の配列が変わると効果が変わる」と。あなたの行いにおいても同じことが言えます。言葉が逆転してしまうということは、因果が逆転してしまうということです。あなたは「仕事をするからお金がもらえる」を「お金を稼ぐために仕事をする」と、逆転させていないでしょうか。

その結果、不誠実なことをしたり、自分の選択を間違ったりしていないでしょうか。

仕事はお金のためにあるのではありません。仕事をした結果がお金。あなたができることを、あなた自身で考えてください。それが仕事になり、お金がもらえるのです。わたしが世界で最初の計算機を発明したのも、父の仕事を手助けしたいと考えたからです。

あなたの仕事の価値は名刺に記される肩書きではなく、もちろん年収でもなく、あなたが注ぐ誠実さにあるのです。身の周りを見てください。あなたができることはありませんか? もしかしたら、そこはあなたが望んだところではないかもしれませんが、まずは身の周りですべきことを果たしていきましょう。そうすれば、おのずとお金を稼ぐことができるはずです。(パスカル)

※1:パンセとは、晩年のパスカルが自らの書籍出版の準備段階で思いついた事柄を断面的に書き留めた記述を、彼の死後に遺族などが刊行した遺著。





いいじゃないか、仕事をしろ。そして金を稼げ!それが本分と思うなら、それに命を捧げろ!


3_phi_001_02.png しばしば、「お金よりも大切なものがあるでしょう? 」なんて戯言を耳にするが、そんなことを言っているヤツこそ、他人の足を引っ張ろうとしている。そして自分をごまかしている。

自分の果たすべきこともせず、ただ金に恵まれぬ運命を呪っているだけだ。理想の人間を語っていたいのだろうが、そんなヤツこそ自己愛の塊だ。

「金のために仕事をする」、大いに結構じゃないか。もし「仕事に金以上の価値を求めるべきだ!」と批判されたら、「まず、自分の目の前にある本分を全うし、金を稼いでから口を開け!」と言い返してやれ。

ただ金の亡者にはなるな。そして見誤るな。ゼイタクも金の亡者なら、ケチも同じように亡者なのだから。金を稼ぐことを恐れるな! 勇気あらんことを!(ラ・ロシュフコー)




大竹 稽 (Ootake Kei)

教育者、哲学者。1970年愛知県生まれ 旭丘高校から東京大学理科三類に入学。五年後、医学と決別。大手予備校に勤務しながら子供たちと哲学対話を始める。三十代後半で、再度、東京大学大学院に入学し、フランス思想を研究した。専門は、カミュ、サルトル、バタイユら実存の思想家、バルトやデリダらの構造主義者、そしてモンテーニュやパスカルらのモラリスト。編著書『60分でわかるカミュのペスト』『超訳モンテーニュ』『賢者の智慧の書』など多数。東京都港区や浅草で作文教室や哲学教室を開いている。
大竹稽HP https://kei-ohtake.com/
思考塾HP https://shikoujuku.jp/

イラスト/ちぎらはるな