職員自ら働き方と時間のマネジメントする「柔軟で俊敏な組織」実現のためのオフィス改革

長野県庁企業局

【レセプションエリア・フリーアドレスエリア(執務エリア)】
ハイカウンターを設置し、来庁者対応スペースを明確化。ホスピタリティの向上とセキュリティの確保を実現。

【レセプションエリア・フリーアドレスエリア(執務エリア)】
フリーアドレス制を導入した執務エリア。

【レセプションエリア・フリーアドレスエリア(執務エリア)】

コクヨの提供価値

 長野県企業局は、職員が自ら働き方と時間をマネジメントし、複雑化するミッションに対応する「柔軟で俊敏な組織」への転換を目指し「しごと改革・働き方改革」推進事業の一環として、オフィス変革を実施。コクヨは公募型プロポーザル受託を経て、レイアウト設計から家具納品までを行いました。
 改修後は執務室を【レセプションエリア】【フリーアドレスエリア】【イノベーションエリア】【マネジメントエリア】で構成。イノベーションエリア内には「ミーティング」「フィーカ」「ロックイン」など多様な場を設け、職員が業務に応じて働く場を選択できるよう配慮しました。執務スペースにはフリーアドレス制を導入し、自席に縛られない働き方の実現により、働きやすさ向上と部門を越えたコミュニケーションの活性化を実現しました。

基本情報
完成年月2019/01
対象面積343.44㎡
職員数33人
自治体規模206万人
建築種類改築

お客様の声

 長野県企業局の「しごと改革・働き方改革」の一環として、執務室内の紙文書等を削減することで、新たな空間を創出し、仕事の内容に合わせて場所を選べる環境作りに取り組みました。業務に応じて席の配置を柔軟に変更できるフリーアドレスや、「ミーティング」、「フィーカ」、「ロックイン」などの多様な場の活用により、職員からは「働きやすくなった」、「以前に比べて意志決定や対応の迅速化を感じるようになった」、「職場内のコミュニケーションが活性化され、活気が感じられるようになった」との声が多く聞かれます。  今回は本庁におけるハード面を中心とした改革となりましたが、今後はソフト面を含む企業局全体の取組へと深化させるとともに、職員一人一人が時間や場所など自らの働き方をマネジメントし能力を最大限に発揮することで、目に見える形で実効を上げていけるよう、「しごと改革・働き方改革」の取組を進めていきたいと思います。