免震装置を採用した木構造とRC造のハイブリット構造による、国内最大級の木造庁舎

長門市役所

【1F 待合エリア】カウンター、カウンター前イスはユニバーサルデザインに配慮した製品を採用。カウンターの幕板には長門市産材を活用し、空間との調和を実現。

【1F 待合エリア吹抜け】

【1F 窓下収納庫】柱間に隙間なく収まるワイド寸法別製を実施。木の伸縮を綿密に考慮し寸法を決定しました。

コクヨの提供価値

 施設の老朽化による耐震性の低下や庁舎内部の狭隘化、行政機能の分散化などが問題視されていた長門市旧庁舎。市民の「安全・安心」の拠点として、利用しやすく親しみのある庁舎を目指し、新庁舎を計画。免震装置を採用した木構造とRC造のハイブリット構造により、機能性・安全性・快適性を兼ね備える国内最大級の木造庁舎を実現しました。
 コクヨは庁舎基本計画段階より、設計事務所下で現況調査やオフィス設計に協力。県産材を活用したカウンターや排煙装置を組み込んだ窓下収納別製など、木質空間を最大限に活かした家具提案・施工を行いました。

基本情報
完成年月2019/08
対象面積7,054㎡
職員数300人
自治体規模3万4,000人
建築種類新築

お客様の声

 長門市産木材をふんだんに活用して建設しており、柱・梁の構造部材に加え、床、天井ルーバー、ベンチ、サインなどを木質化しており、木の温かみを感じることができる庁舎です。