• #リニューアル
  • #働き方改革
  • #DX・デジタル化
  • #サイン計画

桑名市役所

デジ田交付金活用による「書かない窓口」の一体的な整備

窓口改善

Point1
「書かない窓口」の導入
Point2
狭隘化していた待合スペースの改善
Point3
将来の用途転換に対応できる空間

名称桑名市役所

完成年月

完成年月
令和6年1月

対象面積

対象面積
220

対象人数

対象面積
25

自治体規模

自治体規模
13万6千

建築種類

建築種類
改修

事例詳細Overview

桑名市では令和6年1月のオープンを目指し、自治体DX推進計画に基づく「書かない窓口」の導入を計画されました。

既存の窓口空間に書かない窓口支援システムをただ導入するのではなく、将来の窓口空間の変化にも継続できる窓口空間を実現するため、「デジタル田園都市国家構想交付金」を活用し、システム整備と空間整備を一体的に整備されています。

それまでのレイアウトでは大きな面積を占めていた申請書記載台スペースを削減、狭隘化していた待合スペースを広げると共に、窓口カウンターも従来の固定式から可変性のある可動式のカウンターに変更し、将来の用途転換に対応できる空間としています。

ご担当者の声Voice

事業決定してから9ヶ月という期間でシステムの調達、構築、レイアウトの変更、業務の見直し、庁内調整等を行いましたが、まずは形にすることができました。

窓口で書かないだけでなく、他課が所管する主な手続きを受付するようになり、お客様は担当部署をいくつも回らずに市役所での手続きを完了できる場合もあります。お客様から喜びの声を頂くことも多く、「やって良かった」と手ごたえを感じています。

システムや業務手順、他課の手続き等についてブラッシュアップする余地はまだまだありますので、引き続きお客様に喜んでいただける窓口の改善をどんどん進めて参ります。

  • 小田 祐毅 氏

    桑名市役所 

    戸籍・住民登録課 

    小田 祐毅 氏

コクヨ担当者Comment

 「書かないワンストップ窓口」において来庁者の動線やサイン、窓口業務支援システムの端末配置やそれを扱う職員のスキルアップなど、複合的な課題に対して真摯に向き合われている職員の方々と何度もプランを練り直しながら空間構築をさせていただきました。

記載台を撤去したスペースには総合案内カウンターを配置し、来庁者が南北どちらの玄関から入ってきてもすぐ分かるようにしています。古くて小さく、不評だった待合ベンチも入れ替えています。

カウンターラインには弊社のフェーズフリー商品である「VaMoS(バモス)」を配置し、今後予想される将来の窓口の変化にも柔軟に対応できるよう配慮しました。

バックオフィス部分は既存のデスクを活用して3線式のレイアウトとし、端末の配置場所も工夫して職員のみなさんが働きやすいレイアウトに変更しています。3線式レイアウト部分はフリーアドレス運用とし、個人席ではなく席に仕事を紐づけるようになっています。

桑名市さまでは今回の「書かないワンストップ窓口」がゴールではなく、オンラインサービスによる「行かない窓口」の実現を目標とされています。今回のリニューアルでは、「VaMoS(バモス)」の導入によって「書かないワンストップ窓口」の実現と共に、将来の「行かない窓口」への転換にも対応できる、将来を見据えた空間を実現しました。

  • 高橋 秀人

    コクヨマーケティング株式会社  

    中部支社   

    高橋 秀人

  • 櫻田 雄治

    コクヨマーケティング株式会社 

    デザイン本部  

    櫻田 雄治

  • 伊藤大樹

    コクヨ株式会社 

    ワークプレイス事業本部

    伊藤大樹

事例写真一覧Gallery

総合案内

記載台スペースを廃止し、正面玄関から見やすい位置に総合案内カウンターを新設しました。

証明発行窓口

現状では扱い件数の多い証明発行窓口は着脱式棚によるハイカウンター形式とし、将来相談対応のローカウンター窓口として転換できる形式としています。

戸籍住民登録課 窓口

将来の窓口数の変化に伴う用途転換に対応できるよう、可動式カウンターで構成しています。

戸籍住民登録課 窓口カウンター

相談席ごとにパネルを設置することで相談者のプライバシーに配慮できます。パネルも可動式なので将来的な窓口数の変更にも対応可能です。

戸籍住民登録課 待合

申請書記載台スペースを削減し、狭隘化していた待合スペースを広げました。

  1. コクヨの庁舎空間づくり
  2. 納入事例
  3. 桑名市役所