東京都 TOKYOテレワーク・モデルオフィス(府中・東久留米・国立)

企業のテレワーク実施場所の提供

テレワーク

Point1
テレワーク促進を目的としたモデルオフィス
Point2
イノベーションワーク
Point3
柔軟で質の高い、新時代の働き方実践の場

名称東京都 TOKYOテレワーク・モデルオフィス(府中・東久留米・国立)

完成年月
完成年月
2020/07
対象面積
対象面積
-
対象人数
対象面積
-
自治体規模
自治体規模
-
建築種類
建築種類
改築

事例詳細Overview

東京都は、柔軟で質の高い、新時代の「働き方」を社会に浸透させることを目的とした多面的な取り組みを推進。その一つの施策として、自宅以外の場所でもテレワークを行うことができる環境整備を進めるため、民間のサテライトオフィスの設置が少ない多摩地域3か所(府中・東久留米・国立)に開設。当該施設は、東京都に在住・在勤の人が無料で利用可能とし、利用にあたっては事前に企業の登録や施設の利用予約が必要となります。
コクヨは、会議スペースや執務スペース、アイデア創出などに向けてコミュニケーションを取りやすくするオープンスペースなど様々なスペースづくりを行いました。細菌やウィルスの増殖を抑える抗菌剤<デルフィーノ>を家具に噴霧したり、天井部分を空けることで換気ができる会議スペースを設けるなど、新型コロナウイルス対策としても実施。会議室内では、空調音のような音を流すことで外から会議室内の会話が聞こえにくくするシステム<サウンドマスキングシステム>を導入するなど、プライバシーに配慮。また、健康を意識したデスクやオフィスチェアーを設置するなどしました。

対象面積…府中:404㎡、東久留米:272㎡、国立:248㎡
対象人数…府中:64人、東久留米:57人、国立:57人

ご担当者の声Voice

サテライトオフィスをまだ使ったことない方が、メリットや効果を肌で感じ、その後のテレワークの推進につながるよう当施設を開設しました。開所後、「テレワークの場」として多くの方に利用していただいており、今後も更なるテレワークの推進に向けて取り組んでまいります。

府中オフィス オープンワークスペース

フリーアドレスを導入し、デスクパネルによる感染対策を講じている。

府中オフィス パーソナルワークスペース

手前では立ちワークが可能なデスク<シークエンス>、奥では首や肩、腕への負担軽減が可能なデスク<アプティス>を設置。また、座面が360度グライディングが可能なオフィスチェアー<イング>を設置。

府中オフィス パーソナルワークスペース

集中ワークに適した周囲の視線を遮るワークブース<ブラケッツ>を設置。

府中オフィス テレワーク情報コーナー

テレワークや働き方改革をテーマに、選書された情報収集コーナー。心身をリラックスしながらも、ワークに集中できるラウンジチェアー<ノーション>を設置。

府中オフィス イノベーションワークスペース

目線や気分を変え、新しい発想に適したハイカウンターやソファを設置。

東久留米オフィス オープンワークスペース

フリーアドレスを導入し、デスクパネルによる感染対策を講じている。対面席だけでなく、視線が壁側へ向けることで集中してワークが可能な席も設置。

東久留米オフィス パーソナルワークスペース

集中ワークに適した周囲の視線を遮るワークブース<ブラケッツ>を設置。

東久留米オフィス 会議室

天井とパーティションの間を空けて換気できる会議スペース。空調音のような音を流し会議の内容が漏れにくくする「サウンド・マスキング・システム」を導入。外部に音が響かないようパーティションに取り外しが可能な吸音パネルを設置。

国立オフィス オープンワークスペース

  1. コクヨの庁舎空間づくり
  2. 納入事例
  3. 東京都 TOKYOテレワーク・モデルオフィス(府中・東久留米・国立)