MIND

M07 回復空間(Restorative Spaces)

1項 回復空間の提供(最大1ポイント) (Provide Restorative Adjustability)

すべての定常的建物使用者は、少なくとも1つの回復空間が利用できる。 空間は屋内・屋外どちらでもよく、次の1つまたは複数の要件を満たさないとならない。
a.リラクゼーションと回復のためにデザインされ、多目的に使用できるが、仕事には使用できない空間。
b.合計で、7m²プラス建物使用者1人あたり0.1m²以上の広さがあり、最大で186m²の広さの空間。
c.次のうち少なくとも5つに配慮した回復環境を提供する。
 1.照明(屋内空間は調光可能など)
 2.音(水景装置、自然音、サウンドマスキング)
 3.温熱快適性(屋外空間には日光に当たる場所や日陰の場所を設けるなど)
 4.使用者の好みや活動に対応する座席配置(可動式の軽量椅子、クッション、マットなど)
 5.自然との共生
 6.落ち着いた色や質感、フォルム
 7.視覚的なプライバシー覚的なプライバシー d.空間の用途と利用法を説明する看板、教材、リソースが置かれている。

出典:IWBI「WELLv2TM

COODE
コーデ

SEQUENCE/SEQUENCEチルト

【コクヨの考え方】
リラクゼーションを目的とした空間に適した商品です。椅子タイプ、ソファタイプとも、利用者の好みや活動に合わせ座席配置ができると考えられ、今項目に貢献する商品と考えます。ただし、今項目内の他の条件も満たす必要がありますのでご注意ください。詳細についてはお問い合わせください。

Collesso
コレッソ

WT-SX

【コクヨの考え方】
リラクゼーションを目的とした空間に適した商品です。椅子タイプ、ソファタイプとも、利用者の好みや活動に合わせ座席配置ができると考えられ、今項目に貢献する商品と考えます。ただし、今項目内の他の条件も満たす必要がありますのでご注意ください。詳細についてはお問い合わせください。

Notion
ノーション

Notion

【コクヨの考え方】
リラクゼーションを目的とした空間に適した商品です。椅子タイプ、ソファタイプとも、利用者の好みや活動に合わせ座席配置ができると考えられ、今項目に貢献する商品と考えます。ただし、今項目内の他の条件も満たす必要がありますのでご注意ください。詳細についてはお問い合わせください。

※各項目(Feature)のポイント取得の為には、ここで示されている以外の各パートを満たす必要があります。