リボルビングウォール CROSS

リボルビングウォール CROSS

隣り合う空間をすべてガラスで仕切ることができる可動間仕切り

POINT
注目のポイント

操作性

ワンタッチシール機構
パネル片側のレバー操作によって天井・床に密接するため別体の操作ハンドルが不要。パネルの設置、開放が容易にできます。※ワンタッチシール機構はコクヨオリジナル機能です。
フリーアングルストップ機構
ワンタッチシール機構と同じレバー操作で、パネルの角度を自在に変更して設置することができます。※フリーアングルストップ機構はパテント申請中。
アンチスイングシステム
パネルを移動させる際、不安定なふらつきを抑えるために、天井などと干渉しない安定キャスターを使用しています。
※アンチスイングシステムはパテント申請中。
※床材の材質や仕上げによって、キャスター痕が残る場合があります。

操作性

静音性

ベアリングローラー
ベアリングローラーを採用することで、パネルの移動がスムーズに行えます。防振ゴムで、パネル走行時のスラブへの振動を緩和し、レール走行音を軽減します。
高い遮音性オフィス空間に求められる遮音性に配慮
スタンダードパネル+スチールドア:標準施工 38.0dB
ダブルガラスパネル+ダブルガラスドア:標準施工 39.8dB
スタンダードパネルのみ:標準施工 40.6dB (単体53.9dB)
ダブルガラスパネルのみ:標準施工 41.0dB (単体50.1dB)※データは試験場における実測値です。
※納品状態における保証値ではありません。

静音性

意匠性

全面ガラス空間を実現
遮音性の高いガラスドア(39.8dB※)を採用することで、ガラスすべてで空間を仕切ることができます。※データは試験場における実測値です。納品状態における保証値ではありません。
フラットデザイン
パーテーションと並んでも統一感のある空間を実現するために、アキュラートneoガラスパネルを踏襲したデザインを採用。

意匠性

PATTERN
各部位のパターン