HOME / スタンディングワークとは

「働き方の多様化」が加速するとともに、「オフィスでの健康」が重視されはじめています。

少子高齢化や若者の労働観の変化などの潮流を受け、企業経営において、
社員の健康管理に配慮しながら、多様な働き方で生産性を
維持・向上する取り組みが重視されはじめています。

就労時間やオフィス環境が自由に選べるなど、企業は多様なライフスタイルや労働観を持つ社員を活かす傾向を強めています。

金融機関が健康経営に前向きな企業への融資の金利を優遇するなど、側面的な支援も活発化しつつあります。

自由でありながら、知的なオフィス景観を。

業務の質向上

モードチェンジ 立ちと座りの繰り返しが気分転換となり、集中力が維持できます。また、昼食後の眠気防止にもなります。

生産性の向上 立ち姿勢だと、短時間で集中して業務を処理しようとする意識が高まり、時間効率の向上につながります。

業務の質向上

視線が交差する 立ち姿勢は互いの目線が合いやすいため、部下から上司へも含め声を掛けやすくなります。

軽い立ちミーティングがすぐに 座ったままでいると移動が億劫になりがちですが、立ち姿勢だと、確認や連絡などの行動がすぐに起こせます。

業務の質向上

ワーカーの悩みで多い「肩こり・腰痛」 座ったままだと血流が悪くなり、背中などに疲労がたまります。背中や腰の痛みの原因の約95%は、身体を動かさないことと言われています。「肩こり・腰痛」に悩んでいる人が多く、特に肩こりは座っている時間が長い人に多いということがワーカー調査から分かっています。

生活習慣の改善 座った姿勢と立った姿勢を交互に行うことによって、身体にかかる重さを調節し、疲労した筋肉を休ませ、リフレッシュにも繋がります。

このページの先頭へ