BARRELED

BARRELED

木フレームに再生材を使用し、環境に配慮しつつグレードの高い空間を演出

POINT
注目のポイント

木フレームには洋酒樽の再生材を使用

樽はホワイトオーク(ナラ)の樹齢350年の柾目材で良い材料ばかりを集めて作られています。30~40年樽材として使われていた木は、樽としての役目を終え、新たに家具として生まれ変わりました。ホワイトオークの持つ木のぬくもり、柾目の美しさは40年前と変わらぬ魅力を持っています。

①洋酒樽
30~40年使用して役目を終えた樽材
②解体樽材
側板・鏡板の部材で使用できる物を選別します
③加工
曲がった樽材をのばし四方を削りそろえます
④集成
樽材を集め1枚の板状に接着した後厚みをそろえます
⑤家具
板状の樽材を加工して家具を製作します

木フレームには洋酒樽の再生材を使用

VARIATION
選べるバリエーション

BARRELDのバリエーション

  • アームチェアーアームチェアー

  • 応接用センターテーブル応接用センターテーブル

  • 電話台電話台

※色やバリエーション等は総合カタログよりご確認ください。

SCENE
実際の利用シーン