1. HOME > 
  2. ブランドコンテンツ > 
  3. MO-RUM > 
  4. MO-RUM ブログ

東京スカイツリーは下町をどう変える?

tokyo_skytree.jpg

明けましておめでとうございます・・・って今年も早い物で1ヶ月経ってしまいました。久しぶりにブログ更新します。

昨日、実家に行ったついでに建設中の東京スカイツリーを見てきました。デカイですね。見上げてると、なんだかフラフラしてしまいます。只今、574m。あと60mで完成です。遠くから見てるとわからないのですが、タワーの断面は下が三角形になっていて、上に行くに従って円形になると言うデザインになっています。詳しい構造まではわかりませんが法隆寺の五重の塔を参考にしたり、634mと言う完成時の高さも、昔の東京周辺の地名の「武蔵」にちなんで決めたりと、「日本」、「東京」を意識した建造物となっています。

また、写真の右下にも建築中のビルが写っていますが、この辺一帯はスカイツリーの他に商業施設などの建設も行われています。最近、東京の東側が注目されてきて、土地や物件の価格も上昇しているとか、メディアに取りあげられたりで注目されており、下町出身の私にとってはうれしいことではあるのですが、スカイツリーの最寄り駅の押上の商店街を歩いてみると、結構、シャッターの閉まったお店も多く、寂しい雰囲気も。商業施設が出来たら、ますますシャッターを下ろす店が増えないか心配です。

異国の文化や新しい物を取り入れ、それらを上手く融合して発展してきた日本ですが、個人的には東京の下町が新宿や渋谷、池袋の様な発展はして欲しくないです。便利になって、活気が出ることは地元住民にとってもうれしい事だとは思うのですが、何か大事な物を失いそうな予感もしてしまうのです。スカイツリーがこの地域にどの様な影響をもたらすのか?今後も引き続き注目していきたいと思います。

庶民的な感じが良いんですけどね。下町って。