1. HOME > 
  2. ブランドコンテンツ > 
  3. MO-RUM > 
  4. MO-RUM ブログ

「う~ん、操作性は面白いけど指紋がね・・・。」

iphone.jpg

完全に購入のタイミングを逸し、未だに手にしていないiPhone。電車の中を見渡すと、かなりの人が親指と人差し指を巧みにそれを操作してます。最近、私の周りにはiPadユーザーも増殖し始めました。

恐らくiPhone、iPad最大のウリであるタッチパネル式の携帯端末は日本の家電メーカーも製品化を目指し、開発していたに違いありません。では何故、日本のメーカーがアップルに先を越されたか?なんとなく「指紋」の問題がクリアできてなかったからなのではないかと思うのです。我々の業界でも「ダーク色の天板はカッコイイけど指紋がね・・・。」ってな話になりがちで、日本人は指紋が付くことに対してちょっとナーバスな気もします。でも、アップルが実際にiPhoneを売り出してみると大ヒット。iPhoneのユーザーインターフェースには「指紋」の問題を超越する革新的な魅力と価値があるんでしょうね。それらをきちんと見極められる判断力や決断力はすばらしいと思います。羨ましいです。尊敬します。恐らく「やられた!!」と思った日本の家電メーカー、携帯メーカーの関係者は多かったのではないでしょうか?

日本だったら

「う~ん操作方法は魅力的だけど指紋がね・・・。」

「指紋が目立たない方法が見つかったら出しても良いよ。」

って言われてお蔵入りになりそう。

電波がどーのこーの言われてるiPhone4。そろそろ手を出してしまおうか・・・。