1. HOME > 
  2. ブランドコンテンツ > 
  3. MO-RUM > 
  4. MO-RUM ブログ

火山噴火も何のその!来場者前年比7%増しのミラノサローネ

私にとって今回が初めてのミラノサローネ。途中、アイスランドの火山の噴火による火山灰の影響でヨーロッパの各空港が閉鎖され、幸か不幸か当初6日間の出張が倍の12日間になってしまうと言うハプニングに見舞われましたが、サローネ自体は大盛況で、総来場者が過去2番目の多さ。前年比7%増しの329,563名が本会場のロー・フィエラを訪れたそうです。

ミラノサローネと言えば、世界的にも有名な国際家具見本市。近年は家具とはちょっと縁遠い日本の自動車や家電のメーカーもミラノ市内に会場を借り、インスタレーション展示などを行なっているので、現地で視察をするまでは、東京デザイナーズウィークの様なデザインイベント的な印象が強かったのですが、実際に行ってみれば、ロー・フィエラはまさに家具見本市。市内もアート性の強い展示も多く見られましたが、基本的には家具が主役と言った印象を受けました。そんなサローネ初心者の私が、ミラノで気になったこと、感じたことを5回(予定)に分けてお送りしたいと思います。

次回は、本会場であるロー・フィエラ会場のレポート。もっとモノ寄りに、マニアック(?)な感じでお伝えしようと思いますので、お楽しみに。

duomo.jpg 

いきなりミラノ観光的な写真で恐縮ですが、まずはミラノに行った気分になっていただこうと、ミラノの観光名所のドゥオーモの写真。今回、視察の合間に訪れたものの、実は半年ほど前にプライベートで来て写真を撮っていたので、今回は撮影していませんでした・・・と、言うことで写真が趣味のウチのボスの写真を拝借。

 

prius2.jpg 

中央駅前のタクシーロータリー。ミラノは意外にもトヨタ・プリウスのタクシーが多い!ホンダのインサイトも走っていました。東京よりもハイブリットタクシーが多いんです。

 

lunch.jpg

ヨーロッパって外食高いですよね?そんな訳で、火山の噴火の影響で、帰国日がわからない延泊が決定した後はスーパーでハムやチーズ、パンを買ってパニーノ。節約ランチです。

 

fiela.jpg

さて、本題。これがロー・フィエラ会場です。今年はキッチン国際見本市も同時開催でした。

 

sakura01.jpg

bonbori.jpg

桜の植栽や和紙を使用したペンダントライトなど、日本的なテイストが随所に見られました。特に大きな日本ブームが来ている訳ではないようですが・・・日本人だから余計に気になる??

 

saterite.jpg

saterite2.jpg

saterite3.jpg

フィエラ会場の中にはサテリテ会場と言う物があり、若手のクリエイターがブースで自分の作品や手がけた商品などを展示しています。家具が多かったですが、雑貨やカテトラリーもあり、こちらは東京デザイナーズウィーク的な感じでした。日本人も何人か出展されていました。