コクヨの官公庁ブログ コクヨの官公庁ブログ

最新情報やイベント情報を日々更新しています

【官公庁事業】限定公開メニュー [働く場]に記事を追加しました!

コクヨの庁舎空間づくりサイトにて、限定公開コンテンツ[働く場]に記事を追加しましたのでお知らせします。

  

★[働く場]とは??

  

国家機関や自治体においても職員の働き方改革が急がれるなか、いくつかの中央省庁や先進自治体が「働き方改革」実現の手段として着目した"オフィス改革"事例を新屈し、働く場に関する想いや知を蓄積・共有することを目的としたコンテンツです。

  

★[働く場]に追加したコンテンツはコチラ↓↓

  

長野県庁企業局で行われたオフィス改革のインタビュー記事 第3弾を追加しました!

  

こちらのブログにて、中身を少しだけご紹介します。

  

blog_nagano03_01.jpg

  

長野県企業局
"柔軟で俊敏な組織"への転換に挑む長野県企業局のオフィス改革

企業局経営推進課経営企画・財務係 小池氏 池田氏 小林氏
課長補佐兼経営企画・財務係長 石田氏

==========================

2019年1月、長野県企業局は「しごと改革・働き方改革」の一環としてオフィスをリニューアルしました。県の組織でありながらも公営企業管理者を組織のトップに置く公営企業として、独立採算・特別会計で事業を行う企業局。その企業局が「職員が自ら働き方と時間をマネジメントし、複雑化するミッションに対応する"柔軟で俊敏な組織"への転換」を目指して実施したオフィス改革が今、先進的な事例として県内外から注目を集めています。企業局がオフィス改革を行った背景にある差し迫った危機感やさまざまな課題は、全国の自治体が抱えるそれと多くの共通点を持ちます。オフィス改革から2ヶ月が経過した3月、オフィス改革で得た手ごたえや課題について、そして少子高齢化に突き進む将来を見据え進むべき方向性について、今回のオフィス改革推進を担った企業局経営推進課経営企画・財務係の小池氏、池田氏、小林氏、そして課長補佐兼経営企画・財務係長の石田氏にお話を伺いました。
(2019年3月取材)

==========================

  

(第3回)組織と個人が目指す、これからの働き方

  

  

ーーー続いて、オフィス改革推進役のみなさまについてお伺いします。オフィス改革を進めるには、いかにして課題意識を持つかが重要だと思うのですが、そこはどう意識されていましたか?


石田氏:
民間企業や他自治体に視察に伺った際に、実際に働いているところを見学させてもらったことは大きな刺激になりました。あとは...このメンバーに限って言えば、小池は民間で2年間の研修経験がありますし、池田と小林は社会人採用で民間経験が豊富です。

 

ーーーそうだったのですね。では、県庁に入庁された当初、改革前のオフィスについて思うところはありましたか?

 

池田氏:

そうですね...入庁当初は感じていたかもしれません。例えば以前のオフィスでは一人一個ゴミ箱を持っていたのですが、入庁当初は"そんなになくてもいいのに"と思っていたなと(笑)。ただ公務員になって5年経った今では、当初感じていたはずの違和感も薄れつつあります。ですから今回のオフィス改革で、あらためて以前の気持ちを思い出しました。...

================================================

  

続きにご興味のある方は、以下のリンクより詳細をご覧いただき、お問い合わせください。

  

※こちらのメニューは、自治体及び国家機関の職員の方に限りご紹介させていただいております。ご了承ください。

  

>>[働く場]紹介ページはコチラ!!

  

あわせて、納入事例に長野県企業局を追加しています!

>>長野県企業局 納入事例はコチラ!!

*******************************

  

お読みいただきありがとうございました。お問い合わせやご相談など、お気軽にお申し付けください。

  

★コクヨの庁舎づくり空間 お問い合わせはコチラ