KOKUYO FURNITURE


  1. HOME > 
  2. コンテンツ > 
  3. 納入事例 > 
  4. タイガー魔法瓶株式会社 東京支店

タイガー魔法瓶株式会社 東京支店

タイガー魔法瓶株式会社
東京都豊島区北大塚1丁目13番15号
http://www.tiger.jp/

「ショールーム」 入った瞬間に、タイガーの”食” と温かみを感じて頂く商品展示スペース。実際の商品とサイネージにより様々なパターンで演出できます。 「ショールーム」  展示台にはコンセントを組み込んでいます。実際に手で触れて操作することで、商品の特長を体感できます。 「キッチンルーム」 自社製品を実際に使用し、調理して召し上がっていただくことで商品力をPRします。 「リフレッシュルーム」 主に社員の昼食、休憩時に利用。あわせて社内イベントも開催し、社内コミュニケーションを図ります。 リフレッシュスペースに併設されているオープンタイプの「研修スペース」。使用時は天井のロールスクリーンを下ろして使用します。 営業部門の執務エリア。簡単に移動できるキャスター付デスクを使用し、将来的な増員や目的に応じたレイアウトを社員が自ら考えて使います。 役員およびマネージャーは半円形のデスクを採用。振り返るだけで即時にミーティングできるよう中心にテーブルを備え、部門間の連携を高めています。 簡易なミーティングや出張者が利用できる「多目的スペース」。出張者も落ち着いて業務に取り組めます。 執務エリアの一角には、キャスター付の一人用テーブルやソファを配置した「コミュニケーションスペース」を設置。部門を越えたコミュニケーションを活性化させます。 受発注を行う部門は、業務に集中できる固定席を採用しています。

 タイガー魔法瓶株式会社様は、建物の老朽化に伴うオフィス移転を実施。これを機に、働き方の変革を掲げた社内プロジェクトを結成し、営業スタイルの変革と部門間や大阪本社とのコミュニケーション強化、さらには自律的な働き方に焦点を当て、新オフィスを構築しました。
 新しいオフィスでは、ショールームやキッチンルームを活用して、お客様を招く営業スタイルを実践。また、リフレッシュルームやコミュニケーションスペースを設け、社内イベント等を開催しています。
 執務エリアは、営業部門にフリーアドレスを採用。キャスター付デスクは社員が簡単にレイアウト変更ができ、将来的な増員や目的に応じたレイアウトを自ら考えて使うことができるように導入されました。

 コクヨマーケティングはインテリア設計および施工を行いました。


【物件概要】
お客様名: タイガー魔法瓶株式会社
事業内容: 魔法瓶、炊飯ジャー等生活用品の製造・販売
納入年月: 2015/03
物件面積: 1,700平方メートル
所属人数: 60人
提供内容: インテリア設計・施工


【納入製品(一部)】
・オフィスチェアー ⇒ M4プント
・執務デスク  ⇒ ワークソートハーモニーフィットミー
・会議イス他  ⇒ アンフィ、「アジリタ」



Review

Designer:服部 隆司 [Ryuji Hattori]
Designer:服部 隆司 [Ryuji Hattori]
 今回の移転は、タイガー魔法瓶様が全社的に進められる働き方変革プロジェクトである「NWSP(New Work Style Project)」の実施第一弾となります。
 キッチンやショールームを併設することで、これまでのPUSH型営業より、PULL型営業への変革を目指したい、お客様にオフィスへ来て頂き、自社商品の良さを伝えたいというプロジェクトメンバーが掲げた目標を具現化しました。入居後、以前より来客数が増えたとお聞きしています。
 また、オフィス、リフレッシュ空間においても、円形をモチーフとし、自然とワーカー間の動きが感じ取れ、コミュニケーションが活性化されるようデザインしました。これらのさまざまな"しかけ"を通して働き方変革プロジェクトに関わることができ光栄に感じています。
CONTACT - お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

先頭へ