KOKUYO FURNITURE


  1. HOME > 
  2. コンテンツ > 
  3. 納入事例 > 
  4. PORT 日南オフィス

PORT 日南オフィス

第29回(2016年)日経ニューオフィス賞「九州・沖縄ニューオフィス推進賞」、グッドデザイン賞(2016年)、DSA2016入選

ポート株式会社
宮崎県日南市岩崎3-9-5-1
https://www.theport.jp/

商店街に開放した吹き抜けの共用スペース。インテリアには外部の要素を取り込むことで地域の方が入りやすい環境をつくっています。 共用スペースとワークスペースの境界はクリアガラスとし、ポートの働き方を発信します。 オフィスの中央には個人作業からチーム作業などの多様な使い方を可能にする、オフィスシンボルとなる大テーブル。奥にはフィッティングルームをイメージしたクローズドスペースを用意し、TV会議などに使用しています。 大テーブルの周りには集中作業やスタンディングなど個々の業務内容に合わせて快適に執務できるスペースを設けています。 オフィスの入口付近に配置したオープンなミーティングスペース。八角形のテーブルは程良い関係性であり、自然と参加しやすい形状。 飫肥(おび)杉・日南ハンドメイドサーフボードや釣竿など、日南ライフをイメージしたインテリアやアートワークを採用。 イベントにあわせて変化するLEDサイン。30パターンが組み込まれ、イベント時には賑わいを演出します。 従来のファサードを活かした外観。WORK-TRIP-GALLRERYというコンセプトのもと、白を貴重とした空間の中でポートの働き方が浮き上がるようにしています。
 バーチカルメディア事業、採用コンサルティング事業、メディカル事業を展開するポート株式会社が、宮崎県日南市に新設したオフィス。
 地方における新しい働き方として地域と共生し、楽しみながら働く「WORK-TRIP」という考えのもと、場所に捉われないIT企業らしいクリエイティブな働き方と、地域に開かれたアットホームな関係性を構築しました。商店街のアパレルショップを改修したオフィスは商店街のひとつの機能としての魅せる文化に着目し、働き方のギャラリーとして位置づけています。 
コクヨは、デザインディレクション、空間設計、プロジェクトマネジメントを行いました。

<物件概要>
お客様名: ポート株式会社
事業内容: バーチカルメディア事業、採用コンサルティグ事業、メディカル事業
納入年月: 2016/03
物件面積: 280平方メートル
入居人数: 60人
提供内容: デザインディレクション、空間設計、プロジェクトマネジメント

Review

Designer:鹿野 喜司[Hisashi Kano]
Designer:鹿野 喜司[Hisashi Kano]
目指したのは商店街の中に「違和感」をつくることと、地域と「心からつながる」ことでした。
「違和感」とは、IT企業らしい新しい働き方に対して地域の方々の興味を引き、変化を感じてもらうことであり、「心からつながる」とは、若年層を代表とした地域の方々の共感と共生です。この施設がオープンして以来、IT企業による出展が続々と増え、行政の協力もあり、ここで働きたいという若者もIUJターン問わず増えているとのこと。
働く多様化への流れが著しく進んでいる中、その仕組みに対してデザインが共存できたのではないかと感じいてます。
CONTACT - お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

先頭へ