KOKUYO FURNITURE


  1. HOME > 
  2. コンテンツ > 
  3. 納入事例 > 
  4. サッポロ飲料 本社オフィス

サッポロ飲料 本社オフィス

サッポロ飲料株式会社様  東京都渋谷区恵比寿4-20-1
http://www.sapporo-inryo.jp/

Hi・ro・ba:コーポラティブタウンというコンセプトにちなんだデザインが各所に。奥には商品検討をするための円形会議室(Bottle)があり、開発過程が見える化されている。 Hi・ro・ba:社員が自然と集まるHi・ro・baには情報共有のためのさまざまな仕掛けが施されている。 執務エリア:オフィスへの入り口には、お客様の声を貼れるヒト型のオブジェが社員を迎える。フリーアドレスを導入した執務エリアは、様々な執務環境に対応したテーブルがセットされている。 ヒストリーウォール:新商品が出るたびにラベルが追加され、自社のチャレンジが可視化される。 ビジョン浸透化プログラム:ミドルマネージャークラス対象ワークショップの様子。会社を導くリーダーが会社の方向性と本質的な課題を議論する。
 サッポロ飲料様では、2008年9月に全従業員で作り上げた企業ビジョンの実現を目指し、本社オフィスをリニューアルされました。
 ビジョンを具体的な意識や行動としてのコンセプトに落とし込むワークスタイルコンサルティングと、社員や社外へ新しいサッポロ飲料のブランドを伝えていく為のワークプレイスデザイン、社員が主体性を持って行動していく為の浸透化プログラムを、コクヨオフィスシステムが担当しました。

Review

Consultant:今井 秀和[Hidekazu Imai]
Consultant:今井 秀和[Hidekazu Imai]
 今回のプロジェクトでは、サッポロ飲料様が掲げられた目指す姿(ビジョン)を全社員で達成するために、そのビジョンを具体的な意識・行動としてコンセプトに落とし込むワークスタイルコンサルティング、そして、プロジェクトがスムーズに進むように、設計その他関係者との段取り・調整を担当させて頂きました。
 プロジェクトを進めるにあたって、サッポロ飲料様事務局、代表社員の皆様、コクヨメンバー等、多くの関係者間で様々な議論を行いましたが、関係者間では1つのゴールを理解・共有し、そのゴールを達成するためにはどうしたら良いか?という軸がぶれることなく、議論は非常にスムーズに進みました。
 完成したオフィスは、今までの意識や行動では働きにくいオフィスであったかもしれません。しかし、オープン直後、「社員の表情が明るくなった」「随分と社員同士が話すようになった」という声をお聞きし、まずは第一ステップとして成功したと感じています。     
Consultant:下地 寛也[Kanya Shimoji]
Consultant:下地 寛也[Kanya Shimoji]
 今回の目的はオフィスをただ単にキレイにすることではなく、社員の意識改革のキッカケとすることです。もともとサッポロ飲料様は、個々人の責任感が強く、各部門内のチームワークがすごくいい状況。ただ逆に、他部門のことをあまり知らないし、知る環境もないということから「持ち場意識」というキーワードが見えてきました。
 ワークショップの中で、社長の想いである「自律と挑戦」「部門を越えた結束」という意味を理解し、今後の意識変革のポイント「目標や課題の共有」「言い合える関係づくり」等を共有できました。今のオフィスは、それらが行いやすい環境になっているはずです。他部門の人と、ちょっとした冗談も言いながら仕事ができる環境。
 もちろん環境が変わっても仕事の役割は変わらないので、一朝一夕に新しい意識が定着するわけではないかもしれません。しかし、サッポロ飲料様の新しいオフィスを見て、ビジョンにもある「笑顔」が多くあふれる「場」になったと実感できました。     
Designer:鹿野 喜司[Hisashi Kano]
Designer:鹿野 喜司[Hisashi Kano]
 企業ビジョンの実現を目指したワークスタイルに変革するために、空間はどうあるべきか・・・。 ワークスタイルの変革のためにオフィス空間にはメッセージ性が必要で、それが社員の方々に伝わるデザインでなくてはなりません。またオフィス空間として、それは継続的に感じられることが重要です。
 Cooperative Townというコンセプトのもとイメージを固め、空間からサインに至るまで想いを込めたデザインに仕上げました。
CONTACT - お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

先頭へ