KOKUYO FURNITURE

  1. HOME > 
  2. サービスを探す > 
  3. 地震対策オフィスの創り方 > 
  4. あなたのオフィスの危険度診断チェック!
あなたのオフィスの危険度診断チェック!
点/30点

避難経路の幅は、1.2m以上確保できている

避難経路や扉付近に転倒・移動するような家具を置いていない

窓付近に背の高い家具を置いていない

オフィス内で収納家具を単体で置いていない

ローパーティションは直線ではなく、倒れにくい「コの字型」や「H型」になっている

デスク・収納庫の引き出しや扉には、ラッチがついている

背の高い家具を間仕切りの代わりに使用していない

移動式の収納庫やラックは、脱輪防止対策をしている

ガラス飛散防止対策を施した家具・什器を使用している

ワゴン・TV台は、キャスターにストッパーがついている

収納庫は、上下連結・横連結・背中合せでの連結をしている

収納庫は、壁や床に固定をしている

ローパーティションは、壁や床に固定をしている

金庫・複合機などの重量のある家具・什器は、壁や床に固定をしている

デスク上のパソコンなどは、落下しないように固定をしている

通路付近に、使用していない家具やダンボールなどを置いていない

収納庫の上には、落下すると危険な物を置いていない

収納庫内の収納物は、無理なくバランス良く収納されている

執務スペースの収納庫には、重量物や化学薬品などの危険物が収納されていない

収納庫の扉は、常時閉じられている

災害対策のマニュアルがあり、社内で周知されている

避難経路・避難方法を決めている

緊急時連絡網や安否確認の方法を決めている

書類やデータの管理方法を決めている

防災用品や食料の備蓄をしている

オフィスの建築物自体の性能は「免震」もしくは「制震」である

オフィスの建築時期は1981年以降(新耐震基準)である

オフィスの入居フロアーが低層階(3F以下)である

非常用発電設備が設置されている

オフィスの立地がハザードマップで3段階以下である
ハザードマップについて詳しくはこちら

※簡易Web診断ですので詳しい診断はコクヨにお問い合わせください。
コクヨの振動実験の紹介 あなたのオフィスはこんな状態? 前のページに戻る