ピジョン株式会社 中央研究所

ピジョン中央研究所様は、ピジョングループ全体の研究開発機能および品質管理機能の中枢施設です。「自立した専門家集団がチームでものづくりを進め、活性化した開発風土をつくること」を目指し、交流と集中が両立できるオフィスを構築しました。

自立的な働き方実現のために、自分で席が選べるフリーアドレスオフィスを採用。コミュニケーションの核となるスペース「アイディアファウンテン」は、カジュアルでリラックスした雰囲気の中で新しい製品のアイディアを語り合える場となっています。また、ピジョンの研究開発の基本である行動観察をより良いかたちで行うために、赤ちゃんとお母さんがより快適でストレスなく過ごせる専用モニタールームを設置しました。

コクヨファニチャーはオフィス空間のプログラミング、インテリア設計および施工を行いました。

Review

Designer:野島 耕平[Kohei Nojima]

DESIGNER:野島 耕平[Kohei Nojima]

グローバルに展開するプロダクト開発の中核を担う研究所として、施設全体の価値向上に貢献できることは何かを考えながらプランを検討しました。生活棟のモニタースペースやサロン、研究棟のエントランスでは、来訪されるお客様に対してピジョン様の製品づくりへの思いや姿勢を発信できるような空間を意識しました。研究棟のオフィスは、社員同士のコミュニケーションの接点として、アイディアや着想のきっかけを生み出す場として提案させて頂きました。

Designer:青木 耕治[Koji Aoki]

DESIGNER:青木 耕治[Koji Aoki]

今回はオフィス部分のデザインディレクションを担当させて頂きました。
今までの研究所は一般的に、コミュニケーションよりも効率性を重視してきたことにより、無機質な空間ばかりが作られてきました。それに対して、本オフィスはコミュニケーションのための空間を重視して作られています。
社員様同士の会話や対話が増える事により、今までの研究プロセスから一歩進んだ商品が産まれる場であって欲しいと考えています。

Designer:浅野 里紗[Risa Asano]

DESIGNER:浅野 里紗[Risa Asano]

今回のオフィスのリニューアルでは、赤ちゃんやお母さんなどユーザーに優しく寄り添うピジョン様らしい製品づくりを支援する環境が求められました。そのため、社員の皆様が心地よくリラックスして働き、気軽に語り合い発想できる場の実現を目指し、緑豊かな落ち着きのある空間や、業務特性に合わせたサンプル収納の工夫など、実用性を兼ね備えた空間を提案するため、お客様と会話を重ねながら形づくっていきました。
リニューアルしてから半年、社員同士の新たな交流の形や運用維持活動の試みなど“嬉しい変化”が見られていると伺っています。空間構築を通して様々な“きっかけ作り”のお手伝いも出来たのではないかと思っています。

お客様名:ピジョン株式会社

事業内容: ベビー関連製品・介護製品の製造販売

納入年月:2014/3

面  積:600平方メートル

人  数:120人

提供内容:インテリア設計・施工

その他の納入事例

ページTOPへ戻る