「brackets」(ブラケッツ)

  • Concept 置くだけで空間を「切り出す」
  • 組み合わせの数だけ、コミュニケーションのカタチがある
  • 視線や音を気にすることなく、議論に集中できる空間。
  • 動線上に配置することで、会話のきっかけが自然と生まれます。

オープン疲れを癒し、議論の質を高める「brackets」。

「brackets」(ブラケッツ)は、周囲からの音や声などを軽減させる効果のある吸音ウレタンを内蔵しております。

ユニットの組み合わせだからできる、オフィスにフィットする空間。

「brackets」の特長として、9タイプのソファー展開があります。また、テーブルを5タイプ用意しており、働き方の変化や、組織変化によるレイアウト変更に対応できるよう、さまざまなレイアウトが可能となっています。

  • 集中して深い議論が行える
    セミクローズドな空間。
  • 部門を越えたフェイスto
    フェイスの交流を生む空間。
  • 個人で集中し作業や思考に
    没頭できる空間
designed by nendo
nendo (ネンド)

nendo (ネンド)
佐藤オオキ(1977年カナダ生まれ)を中心に2002年に設立されたデザインオフィス。
東京・ミラノ・シンガポールを拠点とし、“小さな「!」を感じてもらうこと”をコンセプトに、建築・インテリア・プロダクト・グラフィックなど、幅広くデザインを手掛ける。
2006年・2007年Newsweek誌「世界が尊敬する日本人100人」「世界が注目する中小企業100社」に選出。2012年Wallpaper* magazine(英)、Elle Deco International Design Awardデザイナーオブザイヤー受賞。
代表作品はニューヨーク近代美術館(米)、ポンピドゥーセンター(仏)、ビクトリア・アンド・アルバート博物館(英)など、世界の主要美術館に収蔵されている。