2021.6.28[ 働き方用語辞典 ]

働き方用語辞典「ダイバーシティ経営」

働き方用語辞典「ダイバーシティ経営」 働き方用語辞典「ダイバーシティ経営」

ダイバーシティ経営

ジェンダー、国籍、障がい、世代など多様な属性や感性を持つ人材を生かし、
その能力が最大限発揮できる機会を提供することで、
イノベーションを生み出し、価値創造につなげる経営のこと。

社会状況やビジネス環境の変化にあわせ、求められる働き方も人材像も変化しています。社員の多様性を理解し、育成をサポートすることが組織力アップにつながり、企業の継続的な成長を支えます。ダイバーシティ戦略は、人材の確保に有利なだけでなく、業績の向上やイノベーション創出など企業力を高める多面的効果が認められます。

福利厚生やCSR (企業の社会的責任)としてではなく、経営戦略の一環として、自社の競争力強化と言いう目的意識を持って戦略的に進めることが重要です。そのためにも、多様な人材が働きやすい環境や体制構築が必要となります。

 

 

-関連リンク- コクヨの社員研修「スキルパーク」 > 研修ラインアップ一覧 > ダイバーシティ
https://www.kokuyo-furniture.co.jp/solution/service/skillpark/lineup/diversity.html

 

 

bnwx.png

 

    • このエントリーをはてなブックマークに追加