CASE 5

交流をとおして斬新なアソビを!
共創スペースになぜ社員は集まるのか

株式会社バンダイナムコエンターテインメント

東京都港区芝5-37-8 バンダイナムコ未来研究所
https://www.bandainamcoent.co.jp/

経営推進室 総務部 マネージャー       熊田直樹 様(右)
経営推進室 総務部 アシスタントマネージャー 相澤文和 様(左)

事例紹介A4シート(PDF)
1,336kb

スマートフォンさえあれば、通勤中でも手軽にアプリで遊べる時代。選択肢が増えた今、これまで以上に斬新な商品やサービスが求められるのかもしれません。株式会社バンダイナムコエンターテインメント(以下、BNE)は、ネットワークコンテンツ、家庭用ゲーム、ライフエンターテインメントなどの分野において、幅広いターゲットに向けて、さまざまな「アソビ」を提供するグローバル企業です。世界を虜にするようなオモシロイ着想を重視しているからこそ、今後の成長に向けたオフィス環境が必要でした。リニューアルにあたって当初から挙がっていたキーワードは「共創」。どんな空間が出来上がったのでしょうか? プロジェクトを担当した総務メンバーにお話を聞いてきました。

  • セミナーやイベントに使える広々としたエリア。大きい窓で12階の高さから景色を一望できる。東京タワーなどの夜景も美しい!セミナーやイベントに使える広々としたエリア。大きい窓で12階の高さから景色を一望できる。東京タワーなどの夜景も美しい!
    • 画像中央に配置しているウォールシェルフ。中は落ち着いた雰囲気に。
    • 画像プロジェクト担当者の相澤さん(左)と熊田さん(右)。

1.プロジェクト発足の経緯

フロアごとの分断を解消して
新たなアソビを。

見たことない!
新しいアソビが生まれるオフィスへ

JR田町駅からほど近く13階建ての未来研究所は、1棟まるごとBNEとバンダイナムコグループの会社が入居しています。"エンタメ企業"というと自由闊達な職場をイメージしますが、情報セキュリティなどの都合上、他部門の社員と顔を合わせるのは一部のフロアか社員食堂のみ。「業務中に他チームの社員と会話する機会が少ないため、他部門が何をしているかよくわからないという弊害もありました」(相澤さん)。

パックマンなど代表的なIP(知的財産権)をはじめ、人気IPの「機動戦士ガンダム」「ドラゴンボール」「ソードアート・オンライン」などの世界観を活かしたゲームシリーズを世界中のお客様にお届けしています。これら多くのIPを活かした商品やサービスに関する情報は、厳重に管理される一方で、社員はそれらを存分に活用して新たな"エンタメ"を作り出し、世界中のファンへ届ける必要があります。

以前から役員が、「社員がウロウロできるオフィスにしたい」と話していたそうです。自席にこもっているだけでは斬新なアイデアは出ない、ということなのでしょう。このような背景から、12階の広いスペースを活かして社員の行動変革を起こす準備が進んでいました。

社員が自律的に動き回れるオフィスへ

どうしたら理想的な環境がつくれるのか? 経営層だけでなく各部門からも意見を集めたところ、いくつかポイントが見えてきました。
「ゲームソフトやコミックを一ヶ所で保管・閲覧できると良い」「さくっと打ち合わせができる場所がほしい」
最上階にはうらやましいくらいの社員食堂があるのですが、オープンすぎるため秘匿性の高い情報を扱う打ち合わせには向いていないとのこと。たしかに外部の顧客などが入れる場所では、未発表の商品など投影することはできません。会議室は予約が埋まりやすく、場所の確保にも困っていました。

2.共創スペース構築へのチャレンジ

様々なエリアを回遊しながら
人やメディアと出会う空間に。

社員の目的はそれぞれ。
だから様々な人が集まる。

「DAYS OFFICE」が盛り込まれたコクヨの提案によって、イメージは一気に具体化しました。空間の上品さとアソビ心のバランスも絶妙で、エンタメ企業としてのデザイン性・面白さが両立できたそうです。エントランスでパックマンやゴーストがお出迎えしてくれるアイデアも、訪問者の好奇心を盛り上げるための演出でした。

"さくっと気軽に" "仕切りのある空間でじっくりと"など、状況に合わせたミーティングエリアを用意。落ち着いた雰囲気でゲームができるコーナーや、コーヒー片手に自然と人が集まるオープンな場所など、目的に応じたエリア分けが特徴です。

人々の活きたつながり"LIVE"と、知恵や情報が集まる "RALLY"を合わせて、「LIVE-RALLY」と名付けられたこの共創スペースは、のちに他のグループ会社でもちょっとした話題になっているほどでした。

    • 画像ウォールシェルフ内のソファースペース。
      くつろいだ姿勢でゲームをしたり打合せもできる。
    • 画像手前のオープンスペースでは、
      予約なしでクイックなミーティングができる。

ドリンクカウンターを奥に配置して
回遊できる工夫を

人気があるドリンクカウンターは「あえて部屋の奥に配置」。色々なエリアを通ることで誰かと立ち話が始まったり、新しい本やゲームを見つけたりと、偶発的な出会いが生まれるように工夫しました。「目的別のスペースを用意することで、押しつけがましくならずにコミュニケーションを促す場を提供できました」(相澤さん)。

ドリンクは無料で提供。コーヒー類のほか、月2回程度入れ替わる総務セレクトの気まぐれメニューは青汁や黒ごま豆乳など、ちょっと変わったものも。「同僚やお客様とのちょっとした会話のきっかけになればいいと思います。」(熊田さん)。さりげない配慮が感じられます。

    • 画像取材している間も多くの社員が立ち寄っていたドリンクカウンター。
      偶発的な出会いを生む、マグネットスペースです。
    • 画像総務のアソビ心が発揮されている「気まぐれメニュー」。

バンクソファーが交流・対話型イベントの場に

ドリンクカウンターから近いスクリーンや音響設備のあるエリアは、イベント利用も想定。セミナーのように一方的に聞くだけでなく、対話がしやすいように取り入れられたのがバンクソファーです。

階段状のソファーは、トーク番組のひな壇を思わせます。後部席でも目線が合うので、表情・発言がわかりやすくなります。「登壇者と社員が向き合えるので、ディスカッションもしやすくなりました。音響設備も当初より良いものに変更しておいてよかったです。」(熊田さん)。

    • 画像普段は気軽にソロワーク・打ち合わせできる場所がイベント時も活躍。
    • 画像裏側のカウンター席に座って気軽に聴講することもできます。

ウォールシェルフに有名タイトルが並ぶ

「LIVE-RALLY」の中央には、自社ゲームソフトや原作コミックを並べるためのウォールシェルフを設置。ゆるやかに空間を仕切っています。書籍・小物のセレクトは、オフィスの納入実績も多い青山ブックセンターに依頼しました。

意外性や気づきを生むために、業務には直接関係のない本や玩具も置いています。ルービックキューブやけん玉など、手先や身体的運動によって発想につながるかもしれません。

    • 画像
    • 画像
    • 画像
    • 画像
    ゲームソフト・コミック・少年誌のバックナンバーから、玩具やビジネス本まで。仕事とアソビに境界はありません。

3.導入後の効果

イベントや立ち話、
ゲームで社員の交流が増加。

全フロアの社員から活用され、
部門を超えた会話や交流へ。

「LIVE-RALLY」ができて大きく変わったのは、他部門と交流する機会が増えたこと。以前は自分のフロアでしか休憩しなかった社員が、ここで顔を合わせて話す機会が増えました。昼休みや就業時間後に集まり、ゲームしながらコミュニケーションをとることが刺激にもなるようです。

立ち話の雑談から始まったアプリのコラボ企画など、執務エリアにいるだけでは生まれなかった行動につながっています。「形式ばった会議よりも、気軽な雑談からのほうがオモシロイものが生まれると思うんです」(熊田さん)。

    • 画像
    • 画像
    アウトドアの雰囲気があるスペース。明るいオープンな空間で体を動かしながら、アクティブにゲームが楽しめる。

12Fにライブラリーができたことで、ゲームソフトや原作コミックが一ヶ所に集約。担当になったキャラクターについて「原本確認」したいときは、ここにくればさっと手に取れます。全巻読破した役員もいるほどとか。

    • 画像
    • 画像
    表紙を見せて手に取ってもらいやすくしたり、全巻セットをまとめて探しやすくするなど工夫されている。

外出がほとんどない部門の社員でも、自席以外のカウンターや集中ブースで働けるようになったのも大きなメリット。一息つきながら、スツールに腰かけてノートPC作業する社員も増えたそうです。

    • 画像
    • 画像
    気軽に腰掛けられるハイチェアー。カフェのような居心地よい空間を提供することで、社員は自然と集まります。

在宅勤務など多様な働き方が増えるなか固定席以外でも仕事ができるエリアができ、固定席しか選択肢がなかった社員にも、小さなところから働き方改革が進んでいるのが目に見えてきました。創造や発想、オリジナリティーが問われる企業において、社内にモードチェンジしやすい環境があることは重要です。成長をサポートする環境が整ってきました。

イベントが社内交流のきっかけ作りに

ひな壇状のバンクソファーも使って、リニューアル後のオープニングイベントを開催。社長と交流を深めるよい機会になりました。
別フロアでイベントしていた時よりも雰囲気はかなりオープンに。社長が携わった作品のパネルを並べて、ご自身によるぶっちゃけトークも! 社員との距離も縮まりました。

    • 画像
    • 画像

フラワーレッスンやメイク講座など、趣向を変えたイベントも開催。「LIVE-RALLY」を訪れたことがない人にも、足を運んでもうための工夫です。以前からの人気イベント「アソビモットデー」も実施。総務によるオリジナル企画も準備しており、利用頻度はますます上がっていくはずです。

使いやすさを考えて、
総務メンバーが率先して改善

利用者の意見はQRコードからの投稿で会社として吸い上げていますが、それだけでなく日頃から社員の行動を観察するなかで、改良されていました。

例えば人通りが多く集中しづらそうなミーティングテーブル横には、パーティションを追加。モニター設置されているテーブルのほうが利用率が高いこともわかり、増設しました。新しく入荷した本・ゲームの告知も行なって利用促進しています。「今後も評価指標を決めて利用状況をウォッチしながら、言われる前に改善を心がけたいです」(相澤さん)。

    • 画像会社や業界記事が載っている書籍紹介。動線に置いて目につくように。
    • 画像総務メンバーが常駐しているコンシェルジュカウンター。
      探しものや要望がある際にも聞くことができる。

こうした好循環によって、今では偏りなく全フロアの社員から利用されています。別拠点の女性社員からは「外出・打ち合わせ時にぜひ活用したい!」とのうれしい声も。好意的な意見と要望が押し寄せて多忙の総務メンバーですが、今後は運用方法もアップデートしていきたいと楽しそうに語っていました。

ココがよかった「DAYS OFFICE」

1
複数の目的・機能を配置したことで回遊性がうまれ、コミュニケーション機会が増えた。
2
重要度に応じた打ち合わせや、集中/リラックスなど働き方が選べるようになった。
3
資料を目につきやすく集約できたことで、共有資産を活用できる環境が整った。
4
ひな壇風のバンクソファーで、対話型のイベントが増えた。
5
全フロアの社員から利用されることによって、ビル全体の面積効率も高まった。
株式会社バンダイナムコエンターテインメント

株式会社バンダイナムコエンターテインメント

https://www.bandainamcoent.co.jp/

「アソビきれない毎日を。」を企業理念として、数多くのエンターテインメントを展開。ネットワークコンテンツ、家庭用ゲーム、ライフエンターテインメントなどのゲームを中心に、世界中にさまざまな「アソビ」を仕掛けている。


この事例で納入した商品一覧



おすすめコンテンツ

納品空間事例

アプリでレイアウト検討

コラム(note)

  • Twitter
  • Facebook

page top