2021.4.13[ WORK TRANSFORMATION ]

転換期における新しい働き方とオフィスのコンセプト Vol.3 【官公庁版】

転換期における新しい働き方とオフィスのコンセプト Vol.3 【官公庁版】 転換期における新しい働き方とオフィスのコンセプト Vol.3 【官公庁版】

新型コロナウイルス(COVID-19) の感染拡大は、私たちの生活や働き方に大きな影響を与え、これまでに無い経験をすることとなりました。多くの官公庁では、職員の感染防止対策として、いわゆる在宅ワークやWEB会議などを突然余儀なくされ、利便性や効率性を実感しただけでなく、オンラインでのコミュニケーションのありかた、テレワークの活用に向けた課題も明らかになりました。

2020年6月に公開した「転換期における新しい働き方とオフィスのコンセプト Vol.2」では、予測のできない緊急事態に遭遇し、転換期を迎えた官公庁に向けて、短期的な感染拡大防止策と中長期的な官公庁オフィスの目指す姿について提言しました。

今回「転換期における新しい働き方とオフィスのコンセプト Vol.3」では、この1年のコロナ禍での官公庁の働き方変化について調査・分析。今後、加速する行政デジタル化への適応や新しい働き方への進化に向けて、官公庁の業務特性や事業継続などを踏まえて、働く場のあり方を中長期的な視点で考察しています。

コクヨはこれからも、感染防止対策に加えて、デジタルワークやオフィスの新たな価値を調合し、官公庁の皆様の持続的な成長を、働く場のあり方からお手伝いさせて頂きたいと考えています。

 

官公庁版コンセプトブックでは、新型コロナウィルスの影響による新しい官公庁オフィスに関する考え方やオフィスの新たな価値、また今後新しい働き方に変革していくために必要な方法や対策などをご紹介しています。ご興味のある方は、下記の問い合わせフォームより資料請求をお願いいたします。
※本資料は、自治体及び国家機関の職員の方に限りご紹介させていただきます。ご了承ください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加