2022.3.22[ 働き方用語辞典 ]

働き方用語辞典 「WELL Health-Safety Rating」

働き方用語辞典 「WELL Health-Safety Rating」 働き方用語辞典 「WELL Health-Safety Rating」

WELL Health-Safety Rating
ウェルヘルスセーフティレーティング

利用者の安全と健康を守るための運用/取り組みを行っている
建物・空間を認証する制度。

「WELL Health-Safety Rating(ウェルヘルスセーフティレーティング)」は、2020年6月にWELL認証運営機関のIWBI(International WELL Building Institute)により新しく公開された認証制度です。対象施設の清掃や消毒、空気や水の管理方法等の評価項目や感染症(covid-19等)、その他緊急事態対策等を、第三者機関により審査されます。

WELL認証(WELL Building Standard™/ウェルビルディング・スタンダード)が「空間の快適性」に着目した評価制度であるのに対し、WELL Health-Safety Ratingは「空間の安全衛生」に重きを置いた制度となっています。評価項目は25項目で、空間の性能だけでなく、安全衛生の運用の実現性などが評価されます。

取得メリットとしては、①空間利用者の健康/安全性の担保、②客観的指標での空間評価、③空間の対外的なPR効果、④企業ブランディング向上が考えられます。

ニューノーマルの時代のオフィス構築を考えるうえで、認証取得を検討する企業が増えてきています。

コクヨでは、自社オフィスを含む複合施設であるTHE CAMPUSで「WELL Health-Safety Rating」を取得(2020年12月)しています。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加