JX金属株式会社本社移転

社内外との共創拡大のため、事業概要や先端技術を展示するショールーム【SQUARE LAB】を新設。
黒を基調とする落ち着いたエントランスでマインドをセット、アイコニックな四角の照明ラインを持つイベントスペースと併せて、来訪者の記憶に残る空間としています。
その奥には社員の憩いの場であり、朝活、ミーティング、終業後の懇親会とオールデイで利用できる3rdプレイスのようなラウンジをしつらえました。

目指した働き方は、自律した社員同士が積極的に交流し組織を超えて情報が共有され、新たな提案や挑戦が創発される状態。
ABWを導入することで、自律性高く働きながら社員同士の交流を促進するための場としかけを実現しています。
コクヨは、コンサルティング、プロジェクトマネジメント、インテリア設計、施工を行いました。

Review

Designer:福岡 真美[Mami Fukuoka]

福岡 真美[Mami Fukuoka]

本プロジェクトでは全体ディレクションと執務エリアの設計を担当させていただきました。
歴史あるブランドに安泰せず更なる進化のためにこれまでの働き方を一新されるという決意のプロジェクトでした。一方で社員は家族という社風を持たれていてそれを再認識する作業でもありました。閉じられていたものをオープンにし、動線を明確にしながらそれに沿ってコミュニケーションの場や仕掛けを設定することで、社員の皆さまが根底に持たれている会社への信頼や周りへの興味を掻き立てることができると考え計画しました。

担当した納入事例を見る
Designer:三田 明仁[Akihito Mita]

三田 明仁[Akihito Mita]

ショールームラボ、イベントスペース、ラウンジの設計を担当させていただきました。
今回の移転の大義である“技術立脚型経営へのシフト”を体現するために、社内外の交流と共創の場としてフロア全体をプランしました。
特にイノベーションを起こすための外部接点として重要な位置づけのショールームラボとイベントスペースは、クライアント様と膨大な時間のセッションを重ね、本質を削り出すようにプランしました。
また日常的に利用されるラウンジは、リラックスした雰囲気の中様々な目的で立ち寄り、話したことのない人との会話が生まれるように、多様な価値観の人がそれぞれ居心地の良い場所を見つけられるようにデザインしました。

担当した納入事例を見る
Designer:崎川 瑛子[Eiko Sakikawa]

崎川 瑛子[Eiko Sakikawa]

エントランス・来客会議エリア、そして役員エリアの設計を担当させていただきました。
“技術立脚型経営へのシフト”への挑戦と成長を、来訪者にも感じて頂きたいという想いをうけ、2つのエリアを一体的にプランすることをご提案しました。来客エリアと役員エリアのあいだに、どちらのエリアからも利用可能な会議室を設け、さらに来客エリア側をガラス面とし、ひらかれた会社であることを伝えています。ゆったりとした来客エリアに対し、役員エリアの個室はご移転を機に社員にそのスペースは還元したいと大変コンパクトにされ、そのゆるぎなさにこちらも驚くほどでした。役員と社員とのつながりがよりスムーズに、より機動的な事業運営へと導かれることと思います。

担当した納入事例を見る

事業内容:非鉄金属における資源・製錬、電子材料の製造・販売、リサイクル事業
納入年月:2020/06
物件面積:9100平方メートル
入居人数:600人
提供内容:コンサルティング、プロジェクトマネジメント、インテリア設計、施工

その他の納入事例