オリンパスキッズガーデン白河

  • オリンパス株式会社 白河事業場
    福島県西白河郡西郷村大字小田倉字狼山3-1
    https://www.olympus.co.jp/

 
 
オリンパス株式会社様は1400名を超える社員が働く白河事業場の敷地内に企業内託児所を設置しました。
社内のダイバーシティの一環として、子供を持つ社員ために工場内の敷地に建設。周囲の自然との共生を内装デザインに取り込み、幼少期から幅広い知識を育む場としました。
敷地内には庭園があり、子供の好奇心を育む工夫を遊具やランドスケープデザインに反映し、室内環境だけでなく幅広い視点で知育環境を構築しています。

 
企業理念である「世界の人々の健康と安心、心の豊かさの実現」を踏まえて、建築企画デザイン、託児所機能の基本・実施設計を行い、名称ロゴや全体のサイン計画を実施。オリンパスらしさ、白河らしさを感じ、安心して働けるような場づくりを目指しています。

コクヨは、企画デザイン、インテリア設計、施工、サイン計画を行いました。

Review

Designer:森 芽久美[Megumi Mori]

DESIGNER:森 芽久美[Megumi Mori]

子どもたちの響く声、健やかに笑う笑顔、そして安心して働き、企業に貢献している社員の方々のお姿を想像し、1年3ヶ月という長い期間の中、私自身も完成を心待ちにしておりました。
この託児所では、コクヨの持つ、知育環境へのノウハウを結集し、安全性はもちろん、企業理念を建築・内装に活かし、周囲の自然と共生する方針を掲げておりました。そのため、内装・家具のみならず、建築デザイン、ランドスケープのどれをとっても一貫性のあるデザインを構築できるよう、オリンパス社内の方々とも検討を重ねて参りました。
完成後の内部にはオリンパス様のシンボルカラーがグラフィックデザインと融合し、いつでも立ち寄りたくなるような、ぬくもりのある空間に仕上がりました。

Designer:野島 耕平[Kohei Nojima]

DESIGNER:野島 耕平[Kohei Nojima]

施設計画にあたり安心安全はもとより、オリンパス様らしい託児施設とは何か、関係者の方々と多くの議論を重ねました。レンズをモチーフとしたアトリエや、自然環境を生かした外部計画、グラフィック・サインなど、特徴のある施設が実現できたと思います。
ここで働く社員の方が安心してお子さんを預けられ、自然の移ろいを感じながら、日々豊かに過ごされることを願っています。

<物件概要>
お客様名: オリンパス株式会社 白河事業場
事業内容: 精密機器
納入年月: 2018/07
物件面積: 600平方メートル
入居人数: 定員19人
提供内容: インテリア設計、施工、サイン計画

その他の納入事例

ページTOPへ戻る