【新型コロナウイルス感染拡大防止策】オフィスの入口で手を消毒しましょう

オフィスの入口で手を消毒しましょう

オフィスの入口で手を消毒しましょう

感染症拡大の対策には石鹸を使用した手洗いが推奨されていますが、オフィス入室前に手洗いの徹底を行うことは難しく、アルコール消毒での対応が現実的です。しかし、アルコール消毒液のボトル自体を手で押してしまうと、 多くの人がそこに接触する…という新たなリスクが発生してしまいます。 そこで、触れることなく使える足踏式の消毒液スタンドの導入をおすすめします。

足踏式の消毒液スタンド

足踏式の消毒液スタンド

足踏式のスタンドタイプは
・使いやすい高さで噴射されるので、使用時にかがむ必要がありません。
・ディスペンサーを置くための台が不要で、コンパクトに設置できます。
・電池や電源が不要で、故障のリスクが低く、メンテナンスの負荷が軽減されます。
・1リットルまでの市販の消毒液ボトルをセットでき、液補充の頻度が少なく済みます。
(サイズ・形状により使用できないものもあります。下記にて対応ボトルサイズをご確認ください。)
といった点から、オフィスや公共空間での使用に適しています。

足踏式の消毒液スタンド

足踏式の消毒液スタンド

製品の詳細は、「防災ガイドブックカタログ ソナエルvol.13」製品ページをご覧ください。

なお、「接触」は感染症のリスク要因の一つに過ぎず、「非接触」の対応を行っても感染を確実に予防できるわけではありませんので、他の対策も同時に講じる必要があります。