プレゼンは冒頭で相手の興味を引きつける

プレゼンテーション5:相手の興味を引く5つのテクニック

2017.02.24
 

プレゼンでは
問いかけのパターンを持っておこう

前回のコラムでお伝えしたように、プレゼンの聴き手は、こちらが期待するほど積極的に話を聴きたいと思っているわけではありません。つまりプレゼンの冒頭で相手の興味を引くためのフックを掛ける必要があるわけです。

聴き手がうまく話に食いついて興味を引いてさえくれれば、その後の話は非常にしやすくなるでしょう。ところが相手の興味を引くためのフックを用意するのはなかなか難しいものです。

毎回どのような話の切り出し方をしようかと考えるのは骨が折れる作業です。そこで今回は、よく使うパターンを5つ紹介したいと思います。多くのものは相手に考えさせる「問いかけ」をするものです。

1.選択基準は何か?
「皆さんランチは毎日召し上がると思いますが、お店はどんな基準で選んでいますか?」⇒(そうだな、値段が手ごろな店、かな)

「今日おすすめするのは、たった400円で栄養バランスのとれたおいしいお弁当が食べられるデリバリーサービスです」⇒(へ~、どんな話だろう・・)

2. 普段はどうしているか?
「皆さんは普段はどのようなお酒を飲まれますか?」⇒(まあ、ビールが多いかな)

「この時期はやはりビールが人気だと思いますが、今日は、ビールより爽快感のあると評判の新しいお酒のご紹介です」⇒(ふ~ん、どんなお酒なんだろう・・・)

※ボタンを押すと別サイトへ移動します。

転用/MANA-Biz

この記事の関連コラム

研修をご検討の方は是非ご相談ください!