プレゼンは聴き手の全員に伝わらなくても大丈夫

プレゼンテーション3:聴き手の8割に伝えるプレゼン

2016.12.21
 

プレゼンでは誰に向けて
話せばよいのか?

プレゼンの研修では、「聴き手にどう響くかを考えて話しましょう」という話をよくします。すると、たまにこんな質問を受けます。

「聴き手が大勢いる場合はどうすればよいのでしょうか」

たしかにそうですね。この場合、まず考えたいのは、聴き手の中の意思決定者は誰かということです。聴き手が大勢いる場合でも、最終的には社長が一人で決めるというプレゼンであれば、社長がどう考えるかだけを考慮してプレゼンをつくればよいでしょう。

一方で、役員会議で決めるなど、複数の人が話し合って決定するという場合もあります。こうした場合は、どうすればよいのでしょうか?

※ボタンを押すと別サイトへ移動します。

転用/MANA-Biz

この記事の関連コラム

研修をご検討の方は是非ご相談ください!