部下と歩調を合わせることが、コーチングの基本

コーチング3:上司の話し方や表情が、部下の成長を左右する

まずは相手のペースに合わせ
信頼関係を築いてからリードする

部下を指導するとき、自分のペースで話を進めていませんか?
コーチングに限らず、誰かとコミュニケーションを図るときには、次の3つのステップが基本となります。

① ペーシング(相手の話すペースに合わせる)
② ラ・ポール(信頼関係を築く)
③ リーディング(自分のペースで相手をリードする)

管理職の多くは①と②を飛ばして、いきなり③を行いがち。しかし、人は命令されると、拒否するという心理が働きます。長期間に渡る指導でも、日常の会話でも、部下と接するときには、この3つのスキルが必須なのです。

では、相手の話すペースに合わせるには、どうしたらいいのでしょう。
そのためには、次の「3K」を相手と合わせることが重要となります。

① 感情:喜怒哀楽といった感情のレベル、雰囲気、テンションなど
② 言葉:言葉遣いや表現、呼吸、スピード、リズム、高低、口癖、抑揚など
③ 体:表情、態度、姿勢、ジェスチャーなど

「3K」が合うと、心理学でいう「類似性の法則=似ているものに愛着や安心感をもつ法則」が働き、相手からの信頼を得やすくなります。
とはいえ、部下の中には表情が乏しかったり、なかなか話してくれなかったり、合わせるポイントが見つかりにくい人もいるでしょう。でも、これは相手から信頼されていない証拠。相手が黙ったら、こちらも黙るなどテンションを合わせつつ、「ちゃんと見ているよ」というサインを送り、氷を溶かすように、少しずつ相手の心をやわらげていきましょう。 信頼は貯金のようなもの。時間をかけ、小さな努力をコツコツと積み重ねることでたまっていきます。ただ、恐ろしいことに、信頼はちょっとしたきっかけで一瞬にしてなくなります。人の上に立つ者ほど、自分の言動や立ち居振る舞いに注意が必要です。




関連する研修: コーチング研修

※ボタンを押すと別サイトへ移動します。

2019.02.13
転用/MANA-Biz

この記事の関連コラム

新着コラム

研修をご検討の方は是非ご相談ください!