イベント・セミナー

組織の多様性を活かす「これからの大人のマナビ」探求2

フェアリージャパンを世界トップクラスに導いたカギは意識変革につながる
「コンフォートゾーン」からの脱却
パターン化されたマナビの思考の枠を超える重要性を考える


2019年の世界選手権で新体操日本代表のフェアリージャパンは団体総合銀メダルを獲得。
彼女たちフェアリージャパンを世界トップクラスに導いたのは
当時、新体操日本代表強化部長を務めていた山﨑浩子さんだ。

山﨑さんは、日本代表メンバーの強化プログラムとして「マジシャン」を講師に迎えるなど、
既存の枠を超えた学びを実践。「パターン化」や「慣れ」といった安心できる空間
「コンフォートゾーン」から脱却することで、選手の能力を飛躍的に伸ばすことに成功しました。

フェアリージャパンを世界トップクラスに導くカギとなった「コンフォートゾーン」とは?
心理的に落ち着いた空間から脱却することは、人の成長にどんな影響をあたえるのか?
山﨑浩子さんの人財育成術から、ビジネスの世界にも通じるマナビのヒントを探ります

『組織の多様性を活かす「これからの大人のマナビ」探求』は、
「マナビ」を通じてビジネスパーソンの働き方をもっと豊かにする。
「これからの大人のマナビ」を探求するトークイベントです

人事に関わる方だけでなく、人財育成に幅広く関わる方、
今一度「マナビ」の目的を考え直したいという方はぜひご参加ください!

        
開催スケジュール

2022年02月18日(金)

15:00~16:30

料金 無料
開催場所

コクヨ THE CAMPUS(品川)もしくはオンライン参加を選択
東京都港区港南1丁目8−35 コクヨ東京品川オフィス

申込サイトへ

前のページへ戻る

受付中

その他関連情報