DAYS OFFICE

「ここちよく」、変化へ対応していく。
                “新たな日常”。きっとその半分くらいは“新たな働き方”のことだったりするのかもしれません。私たちの日常をガラリと変えた、数か月。おなじ“新たな日常”に対応するのなら、心地よいほうに対応したい。そう考える人が増える時代が、やってくるのだと思うのです。新しい心地よさとはなんだろう。そのことをずっと考えてきたのが、DAYS OFFICEです。これからのオフィスを考える立場にある、あなたへ。急な変化を求められたら、誰だって困ったり、悩んだりするものです。そんな時は、どうか私たちを思い出してください。誰でも、かんたんに、わかりやすく、いくつもの解決方法を、ご提供します。
「ここちよく」、変化へ対応していく。
“新たな日常”。きっとその半分くらいは“新たな働き方”のことだったりするのかもしれません。私たちの日常をガラリと変えた、数か月。おなじ“新たな日常”に対応するのなら、心地よいほうに対応したい。そう考える人が増える時代が、やってくるのだと思うのです。新しい心地よさとはなんだろう。そのことをずっと考えてきたのが、DAYS OFFICEです。これからのオフィスを考える立場にある、あなたへ。急な変化を求められたら、誰だって困ったり、悩んだりするものです。そんな時は、どうか私たちを思い出してください。誰でも、かんたんに、わかりやすく、いくつもの解決方法を、ご提供します。
コンセプトムービーをみる

DAYS OFFICEでつくる「変化できる空間」とは? DAYS OFFICEでつくる「変化できる空間」とは?

1使い方を変える 2配置を変える 3家具を変える 1使い方を変える 2配置を変える 3家具を変える
コンセプトムービーを見る
コンセプトムービーを見る
CLOSE
1使い方を変える
1使い方を変える
家具はそのままで、活動を変えることで空間の機能が変わるユニットです。用途を限定しないスペースを作ることで、さまざまな働き方に柔軟に対応することができます。
2配置を変える
2配置を変える
活動に合わせて家具の配置を変えることで、空間の機能が変わるユニットです。スタッキングやフラップする家具によって、簡単に動かすことができる空間をつくります。
3家具を変える
3家具を変える
同じスペースを使って家具を変えることで、新しい空間を作ります。空間と家具をモジュール化して設計しているので、パズルのように簡単にスペースを入れ替えることが可能です。

ユニットのご紹介

「変化できる空間」をつくることができるユニットの一例を紹介します。クリックで詳細をご覧いただけます。
クリックで各ユニットの詳細へ
counter unit
counter unit
booth sofa unit
booth sofa unit
meeting unit (display)
meeting unit (display)
meeting unit (big)
meeting unit (big)
meeting unit (flex)
meeting unit (flex)
high table unit + meeting unit (small)
high table unit + meeting unit (small)
low chair unit
low chair unit
1使い方を変える
counter unit
空間の象徴的な場となるカウンター。コーヒーを飲みながら話をしたり、
ちょっとしたPCワークを行ったりと人が常に集まる場となります。
CLOSE
clean corner
clean corner
感染症対策が必要な期間では、立ち寄りやすいことを生かし消毒用のアルコールなどを置くことで、クリーンコーナーとして活用できます。
cafe corner
cafe corner
コーヒーを飲みながら立ち話をしたり、ちょっとしたPCワークを行ったりと人が自然と集まる象徴的なスペースになります。
1使い方を変える
booth sofa unit
ソファーをブース型に組み合わせたミーティングセット。
スクリーンは空間を彩りながら隣り合うブースと適度に距離を作ります。
CLOSE
meeting
meeting
カジュアルなセッティングで程よい個室感があるミーティングコーナーになります。ディスプレイを使ってリモート会議にも活用できます。
lunch
lunch
ミーティングから、シームレスにランチタイムに移行できます。ソファーだからこそ、リラックスタイムにも適したスペースとなります。
1使い方を変える
meeting unit (display)
簡単に空間を仕切れるラダースクリーンにディスプレイを
掛けることで、リモートミーティングなどの用途にも適しています。
CLOSE
remote meeting
remote meeting
空間を簡単に仕切れるラダースクリーンにディスプレイを引っ掛けることで、コンパクトなリモートミーティングのスペースを作ることができます。
remote lunch
remote lunch
リモートランチにも活用することで、離れているメンバーとのカジュアルなコミュニケーションにもつなげることができます。
2配置を変える
meeting unit (big)
ミーティングやちょっとした個人作業にも使えるビックテーブル。
打ち合わせはもちろん、資料を広げての作業などにも使うことができます。
CLOSE
double table
double table
ラダースクリーンでテーブルをセパレートすることで2つのシーンに使える別々のスペースに。程よいクローズ感を作ることができます。
long table
long table
ミーティングはもちろん、ちょっとしたソロワークにも活用できるスペースです。空いていれば、資料を広げての作業にも便利です。
2配置を変える
meeting unit (flex)
ミーティングやブレスト、プレゼンテーションなど、コミュニケーションの
タイプに合わせて簡単に家具をレイアウトすることができます。
CLOSE
brainstorming
brainstorming
ディスプレイやホワイトボードを活用してブレストの場に。イスは折りたたんで自立するため、人数に合わせてイスを自由に配置してスペースを作れます。
meeting
meeting
未使用時にはたたんで寄せていた机をディスプレイ前に配置すれば、簡単にベーシックなミーティングスペースを作ることができます。
3家具を変える
high table unit + meeting unit (small) long sofa unit
セミクローズな2つのソロワークシーンから1つのオープンな空間へ、
置き家具で構成されているので簡単に変更することが可能です。
CLOSE
semi-closed space
semi-closed space
2つの小さなユニットをソロワークに活用。グリーンやホワイトボードをかけたラダースクリーンは機能性や雰囲気を保ったまま空間を区切ります。
open space
open space
2つ分のユニットをつなげて1つのソファユニット(long sofa unit)に。ソロワークはもちろん、打ち合わせ時には隣のテーブルをつなげて多人数にも対応できます。
3家具を変える
low chair unit
ラダースクリーンを使って、簡単な仕切りでセミクローズな空間を作ります。
ローチェア&テーブルを置いたリラックスコーナーです。
CLOSE
solo work
solo work
ローポジションのチェアで休憩にもソロワークにも活用できる空間です。セミクローズな空間で、安心感をもって過ごすことができます。
group relax
group relax
ソロ用の空間から、チェアを数脚追加することで複数人でリフレッシュできるコーナーに。ライトなミーティングにも活用できます。

実際の空間を体験

上記のユニットを組み合わせてつくられた実際の空間を、「コクヨ東京ショールーム」でご覧いただけます。
DAYS OFFICE Fast office stand
変化に合わせた多様な空間がつくれるように、家具のバリエーションも増えています。
ショールームでぜひご覧ください。
変化に合わせた多様な空間がつくれるように、家具のバリエーションも増えています。
コクヨ東京ショールームへ SHOWROOM

空間づくりがかんたんな理由は? 空間づくりがかんたんな理由は?

「変化できる空間」づくりの秘密は、モジュール化された「ユニット」にあります。使いやすくパッケージ化された
ユニットを選んだり入れ替えるだけで、簡単にオフィス空間をつくれます。
UNIT UNIT
SET SET
ユニットを組み合わせるだけで
かんたんにオフィスがつくれます!
ユニットを組み合わせるだけでかんたんにオフィスがつくれます! ユニットを組み合わせるだけでかんたんにオフィスがつくれます!
空間のつくり方を詳しく知る CONCEPT

さあ、オフィスをつくろう!

DAYS OFFICEでは、プランニングアプリをご用意しています。目的に合わせてあらかじめ家具をセットした
「ユニット」を組み合わせることで、「だれでも、自由に、楽しく、かんたんに。」オフィスがつくれます。
プランニングアプリ
プランニングアプリ
詳しく見る PLANNING

もっと「楽しく乗り切る」
アイデアを

新型コロナウイルス対策の期間にも、社員のクリエイティビティやモチベーションを
向上させるいくつかのアイデアを紹介しています。
note
よりよいオフィスにしていくための運用のヒントを
noteで連載中!
詳しく見る COLUMN

おすすめコンテンツ

アプリでレイアウト検討

プロジェクト事例

全国のショールーム

  • Twitter
  • Facebook

page top