限定公開コンテンツ紹介

障害者雇用の先にある、多様な働き方を許容する場づくり(全3回)のご紹介

KEYWORD

  • 限定公開コンテンツ
  • オフィス改革
  • 障害者雇用

限定公開コンテンツ[働く場]にて、インタビュー記事を掲載しております。

本インタビューでは株式会社ミライロ 代表取締役社長 垣内氏を迎え、「障害者雇用の先にある、多様な働き方を許容する場づくり」というテーマで語っていただきました。このページでは全3回の記事において、各回の内容を少しだけご紹介します。

prof_img.png
PROFILE

株式会社ミライロ 代表取締役社長 垣内俊哉氏

1989年に愛知県安城市で生まれ、岐阜県中津川市で育つ。生まれつき骨が脆く折れやすいため、車いすで生活を送る。自身の経験に基づくビジネスプランを考案し、国内で13の賞を獲得。障害を価値に変える「バリアバリュー」を提唱し、大学在学中に株式会社ミライロを設立した。
高齢者や障害者など誰もが快適なユニバーサルデザインの事業を開始、障害のある当事者視点を取り入れた設計監修・製品開発・教育研修を提供する。社会性と経済性を両立する取り組みの実積をもとに、国内のみならずアメリカ・フランス・エクアドル・オーストリアなど海外における登壇や、メディア出演も多数。テレビ東京「ガイアの夜明け」、NHK総合「おはよう日本」コメンテーター出演など。

(第1回)障害者雇用と環境整備/ハードとハートを変えていく

ミライロでも視覚障害、聴覚障害、そして車いすユーザーの社員が働いていますが、彼らがパフォーマンスを発揮するにはある程度の工夫をしておかなければなりません。彼らに戦力となってもらうにはオフィス環境にも一定の投資が必要です。狭いオフィスで移動するたびに、周囲に声をかけて手を止めさせるということは、職員全体の業務効率にも影響が出る。今後更に障害のある職員が増えていった際、全体の業務効率を良くしていくためにもユニバーサルデザインに配慮された家具・ツール等の工夫は必要です。

(第2回)環境整備は難しいことではない/多様な働き方を許容する場づくり

肢体不自由、杖や車いすのユーザーに関しては、テーブルなりイスなりオフィスレイアウトの工夫が必要になってきます。例えば車いすのユーザーが移動する際、動線をふさぐように家具があると両手で持ち上げて移動することは難しい。自分で何とかできなければ他の人の手を借りざるを得なくなってしまう。それは必ずしも悪いことではないですが、遠慮が出てしまうのであれば、誰もがどんなものも使える状態にしておいた方がよいと考えます。

(第3回)ユニバーサルマナー検定導入の効果/「バリアバリュー」の視点が住民サービスの向上につながる

障害のある方の雇用は理解と実績のある一部の企業に集中している状況です。自治体行政や中小企業のみならず、上場企業ですら採用が難航しています。障害者に働きたい企業を聞くといくつかは挙がってきますが、まだまだ選択肢は限られている。今後障害者の雇用争奪戦が見込まれるなか、彼らに働き続けてもらうことで採用コストを無駄にしないだけでなく、彼らと一緒に住民サービス向上に取り組むことで対応力が上がれば、それが現場負担の軽減にもつながっていくのではないかと考えています。

こちらのコラムを掲載している限定公開コンテンツ[働く場]は、
自治体及び国家機関の職員の方に限りご紹介させていただきます。
閲覧ご希望の方は、下記リンクよりお問い合わせください。

コラム一覧へ戻る