SCROLL

自然とココロがはずむ
理想の働き方とは?

“働き方改革”が求められる今、Well-being(ウェルビーイング)という
言葉が注目を集めています。

それは「一人ひとりが心身ともに健康で幸せな状態」という意味。

つまり、オフィスで働く人たちが、身体はもちろん精神面、
人間関係やワークスタイルを含めて、自分らしく健やかに過ごせるということ。


理想の働き方を描き、それを支えるオフィスのあり方も変われば、
きっと会社の成長につながる。

コクヨはそう考えています。

心地よくてストレスも少ないそんな環境で働きたいな
外に出なくても会社の中で気分が変えられたらいいのに
みんなのチカラを合わせやすいオフィス環境ってすごく大事
いつでもどこでも仕事ができるそんな環境で働いて見たい
コミュニケーションが自然と活発になるオフィスってできないのかな
SCROLL

「無意識に行動が変わる」
という考え方

コクヨは理想の働き方を実現する
オフィスのあり方を考えました。

それは、
「無意識に働きやすくなる空間」。

人の行動心理をうまく利用して、
効率的で心地よいオフィス環境を
整える。

自然と個人と組織のチカラが
高まり、さらなる
クリエイティビティが生まれる。

そんな理想的なオフィスは、
理想の働き方を育み、
新たな企業価値をもたらします。

オフィスを変えることで、無意識に行動を変える。

個人-無意識に自分らしく働くことができる
  • 心身ともに健康になる
  • 自律意識が高まる
  • 個人のスキルが最大限発揮できる
組織-無意識にメンバーとの交流が活発になる
  • 共同作業がスムーズになる
  • 個々の力の連携で創造性が高まる
  • 企業文化の理解や帰属意識が向上する

あなたの会社に合ったスタイルとスペースで、
理想のオフィスをデザインしましょう。

自分、自社のタイプを診断する
まずは自分・自社のワークスタイルがどのタイプにあてはまるのか診断してみましょう

ページTOPへ戻る