2020.7.20

【新型コロナウイルス感染拡大防止策】 オフィス内で適切な距離を保つには?

【新型コロナウイルス感染拡大防止策】 オフィス内で適切な距離を保つには? 【新型コロナウイルス感染拡大防止策】 オフィス内で適切な距離を保つには?

新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、見聞きする機会が増えた「ソーシャルディスタンス(社会的距離)」という言葉。 厚生労働省は、人と人との間隔を2m以上(最低でも1m)開けることを推奨しています。これをオフィス内で運用するためには、どのような工夫が必要でしょうか。以下の3つにポイントをまとめました。

POINT 1
運用の工夫と組み合わせで、ワーカー同士の距離を確保する

 まずはワーカー同士の距離を確保するため、たとえば出社率を50%以下に設定するなど、オフィス内の在館人数を制限します。そのうえで、固定席運用の場合は、可動式デスクなら席を間引いてランダムに着座し、フリーアドレス運用の場合はグループアドレス運用(推奨)で、トレーサビリティを確保しておくといいでしょう。また、固定デスクで出社率も下げづらいなどの場合は、席の間にデスクトップパネルを設置することをオススメします。

point1.jpg

POINT 2
デスク同士に一定の距離を保ち、フィジカルディスタンスを確保する

 従来のスペース効率を重視したデスク配置ではなく、これからは距離の確保が重視されます。着座した状態で一定距離を保てるよう、デスク同士の間隔を2.0m以上開け、さらに、一定距離を保ちながら通行できるよう、通路の幅は1.6~1.8m確保するといいでしょう。
※数値はいずれも推奨です。

point2.jpg

POINT 3
ワーカーへの啓発のため、フィジカルディスタンスの確保を促すサインを設置する

 距離の確保を言葉でアナウンスしていても、日々の業務に追われていると、ワーカーの意識も薄れてしまうもの。コピーコーナーのようなマグネットスペースには、どうしても人が集まりがちです。その場合は、直感的に訴えかけるサインを導入してみてはいかがでしょうか。来客エリアにも設置し、クライアントとも一定の距離を保てるようにしましょう。

point3.jpg

なお、「ソーシャルディスタンスの確保」は感染症対策の一つに過ぎず、感染を確実に予防できるわけではありませんので、他の対策も同時に講じる必要があります。

今後、企業には予測のできない緊急事態に遭遇した際にも、柔軟に変化に対応できる働き方とオフィスに転換することが求められています。コクヨは、感染拡大防止対策に加えて、デジタルワークやセンターオフィスの付加価値を調合し、企業やワーカーの持続的な成長を、働く場のあり方からお手伝いさせて頂きたいと考えています。 これらの考え方をまとめた「Work Transformation~転換期における新しい働きかたとオフィスのコンセプト」をご用意しておりますので、ぜひご一読いただき、これからのオフィスづくりご検討にお役立てください。

下記の「ダウンロードボタン」よりダウンロードをお願いいたします。