フリーアドレスの謎編

第2話 スペース効率化の巻
4コマ漫画 解説

限られたオフィススペースはより有効に使いましょう。

課長とつくる君のチームに新入社員が配属されることに。
新入社員用に新たに席を準備しようとするが、オフィスはすでにデスクでいっぱい。
あと、一人分のスペースが余ってないかとつくる君が見つけた場所は…。
デスク上の余剰スペースを効率良く活用できるフリーアドレステーブルもあります。

スペース効率化のポイント
えっ!状況しだいでデスクが広く使えて、さらにオフィス賃料ダウンも?!?
在籍率が低いオフィスにおすすめ!!

フリーアドレス当初の目的は、不在者の席を在席者が使うことで、そのときに使える机上面積を増やそうという試みでした。つまり、在席率が50%であれば、実質の机上面積は2倍になるというわけです。

しかし、逆にフリーアドレスのコスト削減効果に着目し取り組む企業も多く、この場合、在席率が50%であれば、オフィス面積は2分の1で済むことになり、したがって賃料も2分の1となる発想も注目されています。

人数の変化に柔軟に対応できる。

新年度の新入社員、人事異動はオフィスにつきものです。
場合によっては大幅なレイアウト変更が必要になることもあります。
フリーアドレススタイルだと柔軟な対応ができます。

1人増えた時

従来の島型デスクスタイル

フリーアドレススタイル

フリーアドレススタイルは1席あたりの面積は小さくなっていますが、日中に不在者がいれば広く使えます。
逆に島型デスクスタイルは不在者がいてもデスクの面積は変わらず、
オフィス全体が窮屈なレイアウトになってしまうこともあります。

日中の不在者がいる時

あきらめていませんかビックリするほど、書類は捨てられる。オフィスも社員も身軽にアクティブに!
アクティブ書類の見つけ方
アクティブ書類の見つけ方

期間を決めて、ふせんの残り具合をチェック。ふせんがないものがアクティブ書類。意外に少ないものです。

書類を使う頻度によって保管場所を変える
書類を使う頻度によって保管場所を変える
ワークステーションシステム
ワークステーションシステム
ワークステーションシステム
組織変更に対応できる大型テーブルから、快適な個人環境を構築できるものまで、様々なワークステーションをご紹介しています。
お問い合わせ