働き方用語辞典

タッチダウンオフィス
たっちだうんおふぃす

LANと電源を用意して、他のオフィスからやってきた利用者が作業できる環境を整えた場所のこと。

解説

タッチダウンオフィスは、モバイルワークやテレワークをするワーカー、他のオフィスからの出張者などが、オフィスに立ち寄って一時的に仕事をしたいというニーズから生まれました。

出張時や外出時以外にも、自席に戻らずにメールをチェックしたり、資料に目を通したりする場所としても利用されることも。オフィスにタッチダウンスペースを設けることで、他拠点のメンバーも気軽に訪れやすくなり、気分をリフレッシュする効果もあるようです。
企業が契約するコワーキングスペースや、シェアオフィスもタッチダウンオフィスと呼びます。

出典:オフィス環境スタンダード 第4版

働き方用語辞典一覧に戻る
TOP