働き方用語辞典

オープンイノベーション
おーぷんいのべーしょん

「組織内部のイノベーションを促進するために、意図的かつ積極的に内部と外部の技術やアイディアなどの資源の流出入を活用し、その結果、組織内で創出したイノベーションを組織外に展開する市場機会を増やすこと。」
(Henry W. Chesbrough, 著書『Open Innovation』(2003年) 注1)

解説

イノベーションとは、単に新しい技術の開発だけではなく、これまでにない新しいしくみや価値を生み出すことでもあります。例えば自社内に部門を横断するプロジェクトチームをつくって、イノベーションに取り組んでいる会社もあるかもしれませんが、どうしても社内の文化や固定観念を打開できずに、ありきたりのアイディアで終わってしまうということが起こりがちです。
そんな中で注目されているのが「オープンイノベーション」という考え方。新しいアイディアを広く社外から募ったり、自社では使い道のわからない技術を外部にオープンにしたりして、他社の課題と組み合わせて革新的なビジネスを生み出す事例も出てきました。

例えばアメリカのP&Gでは、インターネットを通じて様々な社外の技術を募集。P&Gの技術やサービスを組み合わせてビジネスチャンスを作ろうと試みています。スキンケア用品開発でしわを防ぐ技術を探していたところ、ある中小企業が持っていた傷ややけどの修復効果がある成分が役に立ち、商品化につながったなどのケースがあります。
いきなりP&Gのような大規模なオープンイノベーションは難しいかもしれませんが、まずは消費者や異業種の人をオフィスに招き入れ、直接対話をしてみるのもいいかもしれません。

働き方用語辞典一覧に戻る
TOP