働き方用語辞典

グループアドレスぐるーぷあどれす

フリーアドレスのタイプのひとつ。グループのメンバーが、指定された範囲の席に座るオフィス形態。

解説

固定席を持たずに、モバイルツールを駆使して働く日本生まれのワークスタイル、フリーアドレス。席を自由に利用できることで、部門を超えたコミュニケーションが期待できる反面、同じグループのメンバーがどこにいるのかわからず、身近なコミュニケーションがおろそかになるなどのデメリットもあります。

そんな課題を解決するのが、ビジネスユニット単位で大まかなエリアを決めたうえでフリーアドレスを運用する「グループアドレス」。グループごとのエリアを定期的にシャッフルすれば、フリーアドレス同様、他の部門とのコミュニケーションも活発化します。
また、例えばグループに8人メンバーがいるとして、8つの席を「島」のようにレイアウトすればグループ内のコミュニケーションが活発になり、4席・4席の2つの「島」にレイアウトすれば、他のグループとのコミュニケーションが活発になるなど、座席の工夫などによっても効果的な運用が可能です。

働き方用語辞典一覧に戻る
TOP