働き方用語辞典

コワーキングスペースこわーきんぐすぺーす

執務環境を共有しながら、他者と一緒に働く場のこと。

解説

レンタルオフィスやシェアオフィスとも違う、「コワーキングスペース」と呼ばれる場が増えてきています。それぞれのどのような特徴があるのでしょう。

レンタルオフィスは、期間限定で借りる貸し事務所のこと。部屋を借りる形態が多く、自社だけのプライベートな空間が約束され、登記や郵便の受け取りなども可能です。シェアオフィスは、レンタルオフィスのようにフルタイムでプライベートなオフィスを借りるのではなく、複数者と執務ブースや会議室をはじめオフィス機能やコピー機などを共有する形態。月極や時間で借りるオフィススペースです。

それに対してコワーキングスペースは、カフェのようにオープンなワークスペースを共同で利用する形態を指します。コワーキング(coworking)とは、一緒に働くという意味。執務スペースや会議室を共有するだけではなく、メンバー間の交流を推奨しており、交流イベントを開催するケースもあります。他の分野にスキルのある人と知り合いになれるなど、仕事面での相乗効果も期待できます。
企業の場合、これまでは期間限定のプロジェクトルームとしてレンタルオフィスを借りたり、外回りの多い社員がタッチダウンとしてシェアオフィスを利用したりするケースがありましたが、これからはスキルのあるメンバーとの交流を期待できる場として、コワーキングスペースが注目されています。

コクヨは、渋谷ヒカリエ8Fでコワーキングスペース「MOV」を運営しています。駅直結の利便性を備え、通常のオフィスとは違うスタイリッシュな雰囲気が印象的です。

働き方用語辞典一覧に戻る
TOP