働き方用語辞典

BCPびーしーぴー

「Business Continuity Plan(ビジネス・コンティニュイティ・プラン)」の略。事業継続計画のこと。

解説

BCPと言われても、ほとんどの人はあまりピンと来ないかもしれません。しかし非常時に被害を最小限におさえつつ、ビジネスを素早く再開させるためには、社員ひとりひとりが常日頃から心がけておくことが重要です。
例えば地震は、事業の継続を脅かす大きな要因のひとつ。東日本大震災や熊本地震など、地震による被害が相次いでいる近年、オフィスでの地震対策がかつてないほど注目されています。
では実際に地震が起きたときには、どう対処すればいいのでしょう。

まずは、身の安全を守ること。万が一に備えて、普段から収納庫の上や通路にはモノを置かない、机の下にスペースを確保する、キャスター付の家具はキャスターをロックしておく、など身の回りでできることはたくさんあります。
地震発生直後の対応も重要です。初期救護用品は、日常で使用しないため地下倉庫などに配置しがちですが、緊急時に担当者しか場所を知らない…といったことがないように、自分たちでも場所を確認しておくことが大切です。

そして、事業継続のための対応。たとえオフィス内で対策が万全だったとしても、自宅が被災した、交通インフラが機能しないなど、出社できない可能性もあります。代替手段として、出勤しなくても業務ができるテレワークへの準備や事業継続について普段からコミュニケーションをとっておく必要があると言えるでしょう。

働き方用語辞典一覧に戻る
TOP