KOKUYO FURNITURE


  1. HOME > 
  2. コンテンツ > 
  3. 納入事例 > 
  4. ヤフー株式会社 八戸センター

ヤフー株式会社 八戸センター

第30回(2017年)日経ニューオフィス賞「ニューオフィス推進賞」

ヤフー株式会社
青森県八戸市六日町16-2
https://www.yahoo.co.jp

リフレッシュやイベント、ミーティングなど多目的に使っているラウンジ。天井照明は八戸のイカ釣り漁船、芝生の舞台は種差海岸からインスピレーションを得てデザインされています。 ラウンジの一角のカウンターはソロワークにも使用されています。執務エリアだけでなく多様な場を選んで働くことができます。 ラウンジとガラスで仕切られた会議室。必要に応じてブラインドを使用します。 八戸市街のランドマークとなるビルの2,3Fに入居。1Fには八戸市営のブックセンターなどがあり、文化発信の場となっています。 八戸市の景勝地である「蕪島」をモチーフにしたフリースペース「Kabushima」。人工芝を敷いた段床には靴を脱いで上がります。 天井高を生かして執務エリア内に段差を設けることで、移動の際にオフィスの様子が一望できます。デスクの間にはミーティングテーブルを設け、ちょっとした打ち合わせがすぐにできるようにしています。 本社と常時接続しているTV会議システム。オフィスの様子も伝わり、打ち合わせもセッティングせずにすぐに行えます。 執務エリアの入口に近いオープンな打ち合わせスペース。すぐに打ち合わせができ、通りがかりの人にも声をかけやすいと社員から好評です。 ソロブースで集中作業。業務内容や気分に応じて場所を選んで働くことができます。

ヤフー株式会社八戸センター様は、増員に伴うオフィスの使い勝手低下を解消するため、八戸中心市街に移転しました。「UPDATE 八戸」というコンセプトをもとに、単に社員の働く場を用意するという事だけではなく「地域との関係をどうUPDATEしていくのか」「働く社員がどうUPDATEしていくのか」という2点を最も大切に考え、具現化したオフィスです。

上長と部下の定期的な対話「1on1ミーティング」のためのスペースや、執務中に振り向けば簡単にミーティングが出来る設え、東京他、地方拠点と常時接続されたモニターなど、部門や拠点を越えて社員同士がすぐにつながっていくことによるUPDATEを図っています。また、リフレッシュやミーティングなどに利用しているラウンジを地域に開放し、子供向けプログラミング体験教室や、ボランティア活動、地域の企業との異業種交流を行うことで、地域社会との関係をUPDATEしています。

コクヨは、プロジェクトマネジメント・空間設計・施工を行いました。

 

<物件概要>

お客様名:ヤフー株式会社

事業内容:インターネット広告事業、イーコマース事業、会員サービス事業 等

納入年月:2017/08

物件面積:1800平方メートル

所属人数:250

提供内容:プロジェクトマネジメント空間設計・施工

Review

Designer:青木 耕治[Koji Aoki]
Designer:青木 耕治[Koji Aoki]
一般的にオフィスは効率性を重視して作られる事が多いですがそれに対して、八戸センターは地域・社員同士が繋がる事を重視して作られています。情報を繋げる事で事業を広げてきたヤフー様ならではのオフィスで今までより一歩進んだ商品やサービスに繋がって欲しいと願っています。
CONTACT - お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

先頭へ