KOKUYO FURNITURE


  1. HOME > 
  2. コンテンツ > 
  3. 納入事例 > 
  4. UCCコーヒーアカデミー 東京

UCCコーヒーアカデミー 東京

「DSA 日本空間デザイン賞 2015入選」

UCCホールディングス株式会社
東京都港区新橋6−1−11 Daiwa御成門ビル
http://www.ucc.co.jp/academy/

大通りに面したエントランスは歩行者の視線を引き込むため、奥へ続く連続した木の構成と照明で演出しています。木を多くの面に使うことで、セミナーの生徒を落ち着きのある空間で迎えるデザインとしました。 グループショールームでは、100種以上のコーヒー豆や50種以上のコーヒーマシンにて、1杯から大量まであらゆる抽出オペレーションと比較試飲を体験可能です。中央のカウンターは全方位から「抽出のオペレーションや技」を見せるデザインとしました。 コーヒーのあらゆる提供シーンに対応できる50種以上のコーヒーマシン。周りをダークカラーで構成することで、コーヒーマシンを象徴的に展示しています。 産地を表す世界地図のグラフィックに沿って100種類以上のコーヒー豆をディスプレイするデザインにより、産地による豆の違いを直感的に感じられます。 大通りに面した「メインセミナールーム」は歩行者の視線を引き込むため、天井に意匠性を持たせました。また、床レベルを上げることで歩行者から部屋全体がステージとして見えるデザインとしています。 完全遮光の「サブセミナールーム」は、コーヒーの色彩を消して香りや味だけでカッピングを行うため、赤色灯を備え付けています。

 UCCホールディングス株式会社様は、日本初のコーヒー専門教育機関を2007年神戸に開校、その機能を拡充するとともにグループのコーヒートータルソリューションを結集した「UCCコーヒーアカデミー東京」をこの度新設されました。
 特長は「教育」「展示」「提案」の3つ。「教育」は、抽出技術を学ぶセミナールームや赤色灯を完備するカッピングルーム、大型焙煎機などを備えコーヒーの専門知識を学ぶことができます。
 「展示」「提案」エリアは、100種以上のコーヒー豆や、50種以上のコーヒーマシンにて一杯から大量まであらゆる抽出オペレーションと比較試飲を体験することができます。中央のカウンターは全方位から「抽出のオペレーションや技」を見せるデザインとしました。
 一般消費者から専門家まで多くの人々の「Good Coffee Smile」を生み出す施設を目指しています。

 コクヨ  ファニチャーは基本計画、基本設計、施工を行いました。


【物件概要】
お客様名: UCCホールディングス株式会社
事業内容: コーヒー等の輸入並びに加工、販売
納入年月: 2015/04
物件面積: 580平方メートル
提供内容: 基本計画・基本設計・施工

Review

Designer:岡本 悠  [Yuu Okamoto]
Designer:岡本 悠 [Yuu Okamoto]
■エントランス/メインセミナールーム
大通りに面する立地条件から、歩行者からの視線を引き込んでいくショーウィンドウとしての機能が求められました。通りに平行して奥行きのある2つの空間を設定し、天井の意匠と奥へ続く演出照明により、視線を自然に奥へと誘導していきました。また、メインセミナールームは床レベルを上げることで歩行者から部屋全体がステージとして見える演出も施しています。コーヒーセミナーの活動的なシーンが自然に外部に発信される空間を目指しました。
■グループショールーム
多種多様の豆とマシンから選ぶ楽しさ/作るこだわりをお客様と共有し、中央のカウンターで抽出の技を見ながら試飲できます。この場から作り出される味は多種多様であり、お客様に合わせたオリジナルのプレゼンテーションを行うことができます。一杯のコーヒーを抽出していく活動的なシーンが、目に見えない「味」を引き立てていくショールームを目指しました。
CONTACT - お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

先頭へ