KOKUYO FURNITURE


  1. HOME > 
  2. ソリューション > 
  3. 空間価値向上 > 
  4. Works(実績のご紹介) > 
  5. ラクスル株式会社 本社オフィス

空間価値向上

  • ABOUT(空間価値向上メニュー)
  • WORKS(実績のご紹介)
  • CONTACT(お問い合わせ)

ラクスル株式会社 本社オフィス

第29回(2016年)日経ニューオフィス賞「ニューオフィス推進賞」、◆JCD Best100(2016)、◆SDA 入選(2016)

ラクスル株式会社
東京都品川区上大崎2-24-9
https://raksul.com/

12mの天井高を生かし、建物の中に生まれた「空中庭園」 オフィスの中にある「木」のボックスは、ミーティングやユーティリティの機能を持っています。 印刷に用いられるカラーモデル「CMYK」で彩られたボックスの中は、ディスプレイとホワイトボードを完備したミーティングルーム。 人が行き交う場所にあるオープンミーティング。街の広場にあるカフェテラスのようなくつろいだ雰囲気で打ち合わせできます。 明るく開放的な場所だけでなく、適度にこもり感のあるスペースも用意されており、自分で選んで使うことができます。 2Fのフリーテラスは、社員のリフレッシュや昼食以外にも、社内外のイベントや全社員参加の月次定例など多目的に利用されています。 エントランスでは、ラクスルスタイルのアイコンを使ったコンセプトムービーを流しています。
 ネット印刷を主力事業とするラクスル株式会社様の本社移転。
「仕組みを変えれば、世界はもっとよくなる」という企業ビジョンを実現するため、社員の行動規範「ラクスルスタイル」を策定し、その働き方の仕組みを具現化するオフィスを構築しました。社員のクリエイティビティを引き出すには、リラックスした豊かな空間が必要と考え、天井高12mという、他に類を見ないオフィスを実現。

 「空中庭園」をテーマに、大空間の中にミーティング、ユーティリティ等の機能を持った木のボックスを配置しました。本物の植栽を多数用いることで、屋内にいながら自然を感じることができる快適な環境を生み出しています。また、ラクスルスタイルをあらわすアイコンをオフィス各所に配し、インナーブランディングを図りました。

コクヨは、インテリア設計および家具納品を行いました。

<物件概要>
お客様名: ラクスル株式会社
事業内容: 印刷業、運送業
納入年月: 2015/11
物件面積: 1,018平方メートル
提供内容: インテリア設計、家具納品

Review

Designer:鹿野 喜司[Hisashi Kano]
Designer:鹿野 喜司[Hisashi Kano]
 初めて現場を訪れた時、ラクスルさんの強い意志を感じました。その挑戦状に応えるべく、働く場としての仕組みを変えられないか、この場所だからこそできることはないかを徹底的に探り、「空中庭園」というテーマを設定しました。
 大空間の中に非現実的な大きなプランターBOXが4つだけ置かれている状態というシンプルな構成によって快適性と豊かな環境づくりを目指しています。
Designer:宮澤 織江 [Orie Miyazawa ]
Designer:宮澤 織江 [Orie Miyazawa ]
 天井が高い空間に木の箱が点在するというシンプルな構成ながら、その配置の仕方によって大勢で集まれる場、こもって集中できる場といった要素が盛り込まれています。少し歩くだけでボックスによって見え隠れする景色が移ろい、頭上には天窓からの光が木漏れ日となって降り注いで、まるで屋外にいるような感覚を味わうことができます。
 社長が電動二輪車でフロア内を駆け巡って社員に声掛けするなど、私たちの想定を超えた働き方も実践されており、開放感のある環境が新しい取り組みを受け入れる土壌となっていると感じます。一見、オフィスには不向きにも見える空間が快適な場に生まれ変わったことも、これからのオフィスのあり方に可能性を感じさせる事例となったと思います。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

先頭へ