KOKUYO FURNITURE


  1. HOME > 
  2. コンテンツ > 
  3. 納入事例 > 
  4. LIXIL 本社オフィス

LIXIL 本社オフィス

株式会社LIXIL  東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル7F・11F・36F
http://www.lixil.co.jp/

エントランス:LIXIL各ブランドの持つ技術を空間へコラージュし、多彩な技術力の結集を表現。霞が関ビル36Fからの眺望を来訪者へ開放した空間構成。 役員エリア通路:INAXの磁器タイル(ECOカラット)を施したLIXIL様とコクヨファニチャーのコラボレーションにより生まれた業界初のパーティション。 役員エリア通路:INAXの磁器タイル(ECOカラット)を施したLIXIL様とコクヨファニチャーのコラボレーションにより生まれた業界初のパーティション。 応接エリア通路:外光を内部に取り入れるフラットなデザインのガラスファサード。 役員会議室:役員会議で使用される会議室。フレキシブルなテーブルセッティングと各席へモニターを完備。 執務エリア:ユニバーサルプランを採用し、流動的な業務プロセスを支援する執務エリア。左右対称の躯体であることから、椅子の色などエリアカラーを定め、ユーザビリティを高めている。 リフレッシュラウンジ:各階に設けられているラウンジ。ランチでの利用の他、パートナーとの打ち合わせや階をまたいだワーカーのミーティングなどに使用される。

 LIXIL様は、2011年4月にトステム様、INAX様、新日軽様、サンウエーブ工業様、東洋エクステリア様の5社を株式会社LIXILへ統合して生まれました。その各社のシナジーを発揮できる本社オフィス構築について、コクヨファニチャーで担当しました。
 各社、各部門間の壁を取り払い、変化に柔軟に対応できる場作りと、新ブランドを来訪者へ訴求できる場作りの2軸を重点的に狙いを定め計画しました。

Review

Designer:井上 侑士[Yushi Inoue]
Designer:井上 侑士[Yushi Inoue]
 今回のLIXIL様および、住生活グループ様の本社移転に際しては、非常にプロジェクト期間が少ない中での、大規模本社移転という難易度の高い取り組みとなりました。
 施主様プロジェクトご担当者をはじめ弊社、およびご協力いただいた全関係者とが一体感を持ってプロジェクトを進められたことで、新生LIXIL様に相応しい、新しい顔としての本社オフィスをトラブルなく、またコクヨファニチャーとしての質と誇りを持ってご提供できたと感じています。
Designer:岡本 悠[Yuu Okamoto]
Designer:岡本 悠[Yuu Okamoto]
 エントランスは来訪されるお客様にとって、初めに企業ブランドを体感する場です。来訪されるお客様に何を伝えるかが、今回のデザインのキーワードとなりました。
 ・「おもてなし」国会議事堂、皇居を見渡せる景観を、来訪されるお客様に開放する。
 ・「技術力を伝える」LIXIL様の多彩な商品を空間にコラージュすることで技術力を伝える。
 この2つのキーワードを、エントランスから接客空間まで散りばめることで、オリジナリティの高い空間を実現することができたと思います。
CONTACT - お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

先頭へ