KOKUYO FURNITURE


  1. HOME > 
  2. コンテンツ > 
  3. 納入事例 > 
  4. 株式会社ベネッセインフォシェル 本社

株式会社ベネッセインフォシェル 本社

株式会社ベネッセインフォシェル
岡山県岡山市北区高柳東町10番1号
http://www.benesse-infoshell.co.jp/

エントランスロビーでは館内地図としてセキュリティプランを掲示しています。見学者の方にご覧いただきながら館内のセキュリティを説明します。 セキュリティの外からでも多人数の方が見学できるよう、ガラスで囲われた、ゆったりとしたスペースを用意。最前列はデスクトップパネルを完備しています。 人員増減などの環境変化に対し、シームレスに対応できるユニバーサルレイアウトプランを採用。将来的にはフリーアドレスへの移行を視野に入れています。 集中時にこもって作業をしたり、タッチダウンデスクとしても活用できるスペース。 最もセキュリティレベルの高いエリアへの出入口では、国内初導入のボディスキャナーと共連れ(ともづれ)防止対策のサークルゲートで個人情報の不正持ち出しを徹底確認しています。 最もセキュリティレベルの高いエリアのテーマカラーはレッド。モニターが見えない位置からガラス越しで内部の様子を見せることで、セキュリティ確保しています。 ブース席やカウンター席など、ワークシーンに合わせて働く場所を選択。ブース席では周囲を気にせずディスカッションしたり、お客様や各拠点とのTV会議が可能です。 コミュニケーションスペースと階段に隣接するドリンクコーナー。各フロアの社員が集まって椅子に腰掛けながら気分転換や情報交換がおこなわれます。 コミュニケーションスペースでは、タブレット端末やPCを活用しながら部門や会社を超えたワークスタイルに挑戦。講演会や社内イベントでも活用されています。 緑のあるくつろいだテラスは、打合せやランチスペースとして利用。陽射しの強い日にはキャンバス地の庇(ひさし)を下ろします。 館内に導入しているハイスペックなセキュリティ設備を、見学のお客様が実際に体感することができるスペースを用意しています。 キッズスペースやオムツ交換台を用意し、お子様連れでもゆっくりと見学できるようにしています。

 株式会社ベネッセインフォシェル様は、ベネッセグループの情報システム保守・運用の専門機能会社として新設立されました。
 お客様が見学することで安心を実感いただける「みせる」オフィスでありながら、世界トップレベルのセキュリティ機器の導入やセキュリティ施策を妥協なく実施できるレイアウトで設計することにより、セキュアな環境を構築しました。 情報の機密度に合わせたセキュリティゾーニングは、テーマカラーとピクトグラムを用いることで直感的に理解できるようにしています。
 また、従業員にとって相反しがちである、徹底したセキュリティと働きやすさの両立を実現。個人の集中環境と即座に報・連・相が取れるよう、コミュニケーションスペースが充実した執務環境としました。


【物件概要】
お客様名: 株式会社ベネッセインフォシェル
事業内容: 情報システムの保守・運用業および情報処理サービス業
納入年月: 2015/03
物件面積: 5,588平方メートル
所属人数: 625人
提供内容: インテリア設計・施工


【納入製品(一部)】 
・オフィスチェアー ⇒ ウィザード2
・コラボレーション家具 ⇒ 「ブラケッツ」
・ボックス収納 ⇒ オフォン


Review

Designer:河村 なつみ[Natsumi Kawamura]
Designer:河村 なつみ[Natsumi Kawamura]
― 生まれ変わった会社をどのように発信していくのか ―
「ハイスペックなセキュリティ」と「働きやすさ」という一見相反するものを両立させ、その環境をあえて社内外の方に「みせる」ことで信頼と満足度の向上を目指しました。
 ゾーンごとのルールを遵守できる環境を構築することを第一に考え、従業員の働きやすさや見学者のアテンド動線の視点も踏まえてバーチカルゾーニングを構築しています。
 また、「みせる」手法のひとつとして、動線上の天井にセキュリティレベルを示すテーマカラーのライン表記と天吊サインを設置することで、今自分のいるゾーンのセキュリティレベルが一見して体感できるように工夫しています。
CONTACT - お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

先頭へ