KOKUYO FURNITURE


  1. HOME > 
  2. コンテンツ > 
  3. 納入事例 > 
  4. エアアジア・ジャパン 本社オフィス

エアアジア・ジャパン 本社オフィス

エアアジア・ジャパン株式会社
愛知県常滑市セントレア1-2
http://www.airasia.com/jp/

受付エントランスはコーポレートカラーである赤・黒・白をベースに構成しています。正面グラフィックはエアアジア のデザイナーによるもの。 赤と白のコーポレートカラーを配した、来客エリアの通路では、滑走路からの飛行機の離発着の眺望がお出迎え。 ガラス張りの来客会議室。部屋ごとに「ホノルル」「ニューヨーク」など都市の名前をつけられています。 会議室の中は、コーポレートカラーを基調に統一されています。 執務エリアは各部署のオペレーションのしやすさと大幅な増員が考慮されています。モノトーンをベースにしたシンプルな空間です。 ラウンジは来客エリアよりも色のトーンを抑え、木質系の素材を用いることで落ち着ける雰囲気としています。 英語の慣用句をひねったメッセージが壁面に。 窓際のボックス席のパーティションは運搬パレットを模したもの。 大テーブル、カフェテーブル、ボックス席、ソファ席などさまざまなバリエーションの席で、思い思いにくつろぐことができます。 ラウンジに隣接し、懇親会・休憩などの連動利用がしやすい研修室。
 エアアジア・ジャパン株式会社様 は、中部国際空港(セントレア)内に新しいオフィスを開設。オフィスは「レッド・ベース」と名づけられました。
 ブランドイメージ訴求のため、来客エリアにはグラフィックやコーポレートカラーを随所に配置。24時間体制で働く各職種のワーカーが連携を取りやすいワンフロアの執務エリアは、将来の大幅な増員も見越しています。
 また「良い仕事、良いサービス」のため、休憩や食事、懇親会など多目的に利用できるよう、ラウンジをより充実させることで、ゆったりとくつろげる空間で社員同士のコミュニケーションを促しています。
 コクヨ株式会社はインテリア設計と施工を担当しました。


<物件概要>
お客様名: エアアジア・ジャパン株式会社
事業内容: 航空輸送事業 
納入年月: 2015/03
物件面積: 1,500平方メートル
所属人数: 300人
提供内容: インテリア設計・施工

Review

Designer:市瀬 貴史 [Takashi Ichise]
Designer:市瀬 貴史 [Takashi Ichise]
 24h稼動のオフィス、「レッド・ベース」。
 ここにはパイロットやキャビンクルー の方々はもとより、カウンター業務、エンジニア、そしてそれらを支える様々な人が働く基点です。
 一般的なオフィスは座席数を軸に考えることが多いですが、ここでは流動的な人の動き、今後の増員を見越した柔軟性をデザインしていくことが求められていたかと思っています。緊張感のある現場に対し、長い旅のくつろぎの場とフレキシビリティあるオフィス空間をテーマに1日の中で様々なシーンが展開できる空間になっていると感じています。
Designer:浅野 里紗 [Risa Asano]
Designer:浅野 里紗 [Risa Asano]
 今回のオフィス構築は”日本参入における新オフィスの開設”という、エアアジア様にとって大きな門出となるプロジェクトでした。
 これから国内外各地から集結するメンバーを柔軟に支え、円滑にコミュニケーションが図れ、また、ここを訪れるお客様や社員の方に企業の世界観や日本らしさが発信される場にしていきたいという思いで、空間およびサイン・グラフィックに至るまで入念にデザインを行いました。
 このオフィスがエアアジア様の新たな原動力となることを期待しています。
CONTACT - お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

先頭へ