KOKUYO FURNITURE


  1. HOME > 
  2. ソリューション > 
  3. 空間価値向上 > 
  4. Works(実績のご紹介) > 
  5. NTTデータ 託児所[エッグガーデン]

空間価値向上

  • ABOUT(空間価値向上メニュー)
  • WORKS(実績のご紹介)
  • CONTACT(お問い合わせ)

NTTデータ 託児所[エッグガーデン]

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ 東京都江東区豊洲3-3-9 豊洲センタービルアネックス
http://www.nttdata.co.jp/release/2011/120600.html

エントランス:天井高さ7.3mの吹き抜けに、「もうひとつの家」があるようなイメージ。 保育エリア:全体的にシンプルにデザインすることで、広さを感じるように配慮。 保育エリア:全体的にシンプルにデザインすることで、広さを感じるように配慮。 保育エリア:可動間仕切りを活用することで、用途によって部屋を分けることも、一体の空間として使うことも可能に。 0〜1才児室:小さなこどもが落ち着いて過ごせるよう、淡い色調で空間を構成。 2〜5才児室:空間構成の大きな要素となる収納は「環境の一部」として捉え、建築になじむように計画。

「エッグガーデン」(※1)は、株式会社NTTデータ様の社員向け企業内託児所として、2011年12月にサービスが開始されました。待機児童問題に問題意識を持つ「社員プロジェクト」の提案をきっかけとして託児所設立の検討が始まり、仕事と子育ての両立を支援する人事施策の一つとして計画されました。社員が安心して子供を産み育て、予定通り復職できる環境を整えることにより、社員のキャリア継続を支えていくための施設です。

計画にあたっては、保育の方針「ともに育つ。ともに育む。」という理念をベースに、安心・安全で自発的な成長を促す環境作りや、NTTデータ様の企業ブランドに相応しい施設作りを目指しました。

 

 ※1「エッグガーデン」は、NTTデータ様にて日本国内での商標を登録申請中です。

Review

Designer:野島 耕平[Kohei Nojima]
Designer:野島 耕平[Kohei Nojima]

 今回、空間を設計するにあたっては「こどもの目線で考える」というポイントを大事にしました。対象地は、オフィスビルの一角であり、オフィスエントランスに隣接していたので、「大人の空間」と「こども空間」が、デザイン面で整合することが求められました。また、もともとカフェから託児所へコンバージョンすることや、7m以上の天井高の吹き抜け空間であったことなど、設計条件としては難しい面もありました。ここに、既存の天井の下にもうひとつ仮想の屋根をかけ、安心感を得られるように配慮しました。それほど広くはないスペースですが、ダイナミックでありながら、まるで「家」の中にいる安心感があるような空間ができたのではないかと思っています。
Designer:岡本 悠[Yuu Okamoto]
Designer:岡本 悠[Yuu Okamoto]

 「こどもの目線で考える」というコンセプトをPJメンバーそれぞれが考え模型やモックアップで検証することで、一つ一つのディティールやカラーを慎重にデザインしていくことが出来ました。 また、子供の安心安全という観点では、コクヨの培ったノウハウを、特注家具や建具デザインに反映していくことで、子供が自由に遊び回れる空間が実現できたと思います。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

先頭へ