KOKUYO FURNITURE


  1. HOME > 
  2. コンテンツ > 
  3. 納入事例 > 
  4. 品川プリンスホテル Nタワー BUSINESS LOUNGE Supported by Epson

品川プリンスホテル Nタワー BUSINESS LOUNGE Supported by Epson

株式会社プリンスホテル 品川プリンスホテル 
東京都港区高輪4-10-30 品川プリンスホテルNタワー17F
http://www.princehotels.co.jp/shinagawa/ntower/

エレベーターを降りた瞬間からラウンジらしさを感じられるエントランスホール。 ラウンジの品格を持たせつつ、カジュアルな黒板などの掲示機能をまとめたレセプション。 集中できる窓際の個人席、協働ワークに適した大テーブル、カジュアルなミーティングテーブルなど仕事のシーンに合わせてスペースが選べます。 くつろいだ雰囲気のソファー席では、利用者同士の偶発的な出会いが生まれることも。 ドリンクコーナーやライブラリで仕事の合間に気分転換。モニターには様々なビジネスコンテンツが流れています。 出張の合間でも集中して思考や個人作業をできるよう、個人ブースを設置しました。 長時間の集中作業を続けるためには適切な休憩が必要。リクライニングソファーでは脚を伸ばしてリラックスできます。 キルティング加工が施されたアームチェアと、エレガントなパターンの壁面が演出する会議室。 天井には会議のヒントとなるメッセージが描かれています。 モザイクパターンのカーペットなどカジュアルなテイストは、ブレストなど発散系会議に適した設えになっており、ビジネスアイデアを産み出しやすい効果があります。
 品川プリンスホテル様のNタワー ビジネスラウンジは、ビジネス機能を併せ持つ宿泊者専用のラウンジです。Nタワー宿泊者が翌日の商談の準備をしたり、出発前にチームでミーティングを開いたり、あるいはお客さまを招き、設備の整ったミーティングルームを利用してブレーンストーミングやプレゼンテーションを行うこともできます。
 ホテルが拠点となる出張者にとってはビジネスのベースキャンプとなる場所です。その時々の働き方によって選択できるよう、作業に集中しやすい一人用ブース席、数名の作業や打合せに適したセンターテーブル、ソファー、リラクゼーションシートなど、用途に合わせた座席を用意しています。
 空間コンセプトは「BUSINESS VOYAGE(ビジネスボヤージュ)」 。VOYAGEという一つの船でビジネスの海を航海し、力を合わせて目的の場へ向かう船の船内のイメージをデザインに反映いたしました。

 コクヨファニチャーは企画、インテリアデザイン、施工、及び運営支援を行いました。


【物件概要】
お客様名: 株式会社プリンスホテル 品川プリンスホテル
事業内容: ホテル
納入年月: 2013/03
面   積: 381平方メートル
席   数: 77席
提供内容: 企画、インテリア設計・施工、運営支援

Review

Designer:青木 耕治[Koji Aoki]
Designer:青木 耕治[Koji Aoki]
 ビジネス特化型のホテルと聞くと、全館Wi-Fi対応、プリンタの設置……といったものが思い浮かびますが、今回のプロジェクトは、その一歩先を進むものでした。
 ビジネス機能を充実させつつ、従来のいわゆるビジネスセンターでは補えなかった「人と人とのコミュニケーション」つまり「ビジネスマッチング」を促そうとする仕組みを施したラウンジであり、従来からの変換を空間も寄り添いながら設計を考えることが重要になりました。
 人と人が出会い、対話を行い、そして新しいビジネスの種が産まれ、力を合わせて目的地に向かえる場所であって欲しい。という一歩進んだ考えと空間を持つビジネスラウンジが出来たと思います。
CONTACT - お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

先頭へ