KOKUYO FURNITURE


空間価値向上

  • ABOUT(空間価値向上メニュー)
  • WORKS(実績のご紹介)
  • CONTACT(お問い合わせ)

建物の機能や用途を変えるためだけではない、空間の価値を向上させるための取り組み。
リノベーション

オフィスやホテル、レストランやカフェなどの商業施設、それらをリノベーションする目的は、経営資源の有効活用にほかなりません。ただ、きれいな建物や空間を作るだけのリノベーションは本当に必要でしょうか?

コンセプト

コクヨのリノベーションは一味違います。
空間のみならず、お客様の一員として空間価値の最適化、最大化をご一緒に考え実行します。

未活用の土地建物の税金と建物管理費がもったいない。
老朽化した社宅があるが会社の事情で土地は所有し続けたい。
不動産を活用して社会貢献につなげたい。
大きな独身寮を持っているが、寮生が減って部屋が余っている。
再開発に向けてエリア活性化につながる一時利用をしたい。
新規事業を既存建物内で開始したいが空間構築が出来ない。
お客様
空間価値
経営者、従業員

Use of image

例えば、保有するCRE(企業不動産)の有効活用による①収益改善ならびに②高稼働、高収益確保を目指します。

収益マイナスを収益プラスへ
◆収益改善イメージ
収益±0(固都税、建物維持管理費等)を改善。家賃収益に。
課題:校舎閉校(他に集約)、維持費がかかる
用途:教育施設をオフィスビル(1棟)に
活用:用途変更
業務:企画、設計
収益:稼働率0から100%に
賃料収入 年間1億円
総事業費 約2億円
利回り 50%※表面
高稼働、高収益
◆収益改善イメージ
改善:稼働率 約50%UP。賃料単価 約1万円UP
課題:テナント稼働率・賃料の低下
用途:オフィスビル
活用:リノベーション
業務:企画、設計
収益:稼働率 50%UP
賃料収入 年間7,400万UP
総事業費 約2億円
利回り 37%※表面

Menu&Flow

企画から基本設計、実施にいたるまで、お客様の事業を見据えた空間価値の最大化がベースとなっています。

プロジェクトフェーズ
企画
事業化に向けて
推進
プロジェクトフェーズ
現状ヒアリング
関係者意見交換
ゴールイメージの共有
事業収支
建築計画調整
運営調整
合意形成
プロジェクトマネジメント

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る