STEP.1 オフィス移転検討

オフィス移転検討時の計画立案

STEP.1:移転を検討 STEP.1:オフィス移転検討 STEP.2:オフィス移転実施 STEP.3:移転後の運用

オフィス市況の把握

オフィス市況の把握

経済動向やオフィスの需給バランスによって、オフィスの賃料水準は常に変化しています。
オフィス市況について定期的に情報収集をすることにより、オフィス移転に適したタイミングを図ることが出来るだけではなく、現オフィスの賃料交渉においても役立てることが出来ます。

移転目的の明確化

オフィス移転に対する要望事項は、社内の部門や立場によって実に様々であり、それらの個別要望に対応し過ぎることで本来の目的が達成できなくなることがあります。
オフィス移転の初期段階で会社としての目的を明確にし、移転を担当する部門やプロジェクトチームのミッションとして落とし込むことで、ぶれずに計画を遂行することができます。

自社の働き方と現状の課題を把握

品川ライブオフィス

オフィスの在り方は目指す働き方によって異なるため、早い段階で働き方の特性と現状課題を把握することが重要です。
まずはベンチマークとして、一般的な企業のオフィス環境データを調べ、それと自社のオフィス環境を比較することをお勧めします。またライブオフィスなど先進的な取り組みを参考にすることでも、より具体的に働き方を検討することができます。

移転先の決定

移転先の検討時には、立地・賃料・床面積・形状・設備等の必要な条件により候補ビルを絞り込み、必要に応じてレイアウトシミュレーションなどを行いながら検討を進めます。
あわせて、オフィスのライフサイクルコスト(オフィスの契約期間内にかかる全てのコストのこと)も移転先を決める上で大事な考え方です。移転前には必ず確認を取ることをお勧めします。

  • STEP.1:オフィス移転検討
  • STEP.2:オフィス移転実施
  • STEP.3:移転後の運用

コクヨならお役に立てます!

まずは、お気軽にお問い合わせください。
これから移転を考える上で、参考になる資料を多数ご用意しています。

移転 参考資料 1

オフィス移転ガイドブック

オフィス移転をする際に押さえておくべきポイントをまとめた冊子です。

ビルを選ぶ際、コスト、設備等の押さえておくべきポイントを確認しながら、ビル比較することができます。

  • オフィス移転をする際に押さえておくべきポイント
  • ビルを選ぶ際、コスト、設備等の押さえておくべきポイントを確認

移転 参考資料 2

オフィスデータブック

オフィス作りに役立つ、数値データを多数まとめています。

  • オフィス作りに役立つ、数値データ
  • CONTACT
  • REQUEST

※同業種の方のお問い合わせ・資料請求はお断りしております。

  • CONTACT
  • REQUEST

※同業種の方のお問い合わせ・資料請求はお断りしております。